ぐるなび・食べログ上の「お客様を呼び込む写真」を徹底検証!圧倒的なユーザ支持を集めたのは…


先日に引き続き、ぐるなび・食べログなどグルメポータルサイトを対象とする調査結果をお届けします。
※先週の記事は「ぐるなび・食べログで「読み方が分からない店舗」は選ばれない!?その裏にある5つのユーザ心理」
今回は、「飲食店担当者はグルメポータルサイトにどんな写真をアップすればいいのか」をユーザテストの結果をベースに解き明かしていきます。

123909336436016108981_FI2623975_1E
 
※この画面にどの写真を載せるべきか、検証していきます(上記はPC版の表示)
※本記事の最後に、実際の動画へのリンクを用意しています。

ユーザテストの結果「お店の特長となる料理の写真が見られなくて、不満」

今回は様々なお店が並ぶ「一覧画面」に絞って調査を行いました。

一覧画面は各店舗がしのぎを削る重要エリアである一方、店舗あたりに許された掲載スペースには限りがあり、写真も1枚~数枚しか掲載できないことがほとんどです。その虎の子の数枚をどう決めるかは、これまで店舗担当者の方にとって頭の痛い課題です。

今回のユーザテストでは3名の「普段からグルメポータルサイトを利用している方」に調査をお願いしましたが、3名に共通の特定の傾向が見られました。

 

findings

 

「そのお店ならではの代表的な料理の写真を見たい」というユーザ心理が伺えます。

今回はこの仮説を基に、「実際に『料理の写真』は大多数にとって魅力的なのか」を検証してみました。

 

アンケートの結果「47パーセント(159名/338名)のユーザが『料理のアップ』に魅力を感じる」

今回ユーザテストに参加したのは3名。これまでグルメポータルサイト利用のノウハウを蓄積してきた店舗の方としては、「たった3名の意見では動けない」と考えるのも無理はありません。

今回は、以下の6つの選択肢+「その他」から構成されるアンケートを実施、338名から回答を得ることができました。

A. 店舗外観
B. 店内全景
C. 座席・テーブルの様子
D. 完成した料理のアップ
E. 店舗スタッフ、メンバーの写真
F. 店名のロゴ
※グルメポータルサイト上での主な掲載パターンから選択肢を設定しています。

結果は以下の通り、約半数のユーザが「D. 完成した料理のアップ」を選択しています。
(回答のリアリティを担保するため、回答時に実際にサイトを開いて見てもらうよう指示を出しています)

ブログネタ

出典: ポップインサイト調査 「グルメポータルサイトの店舗一覧画面において、店舗の魅力を最も訴求する写真パターンについて(有効回答数338)」

ユーザはなぜ「完成した料理のアップが良い」と感じているのでしょうか?

主な理由として、

理由1.料理の見た目は美味しさ、その店の良さを反映しているはず
「料理の見本が写真で載っていると、前もって料理のクオリティーが予想出来るので、安心感につながります。特にはじめで利用するお店ならば、なおさら助かると思います。」(40代男性 大阪府)
「そのレストランのジャンルによるが、料理の写真を見れば「盛り付け」「器」「分量」「手のかかり方」から、その店の雰囲気が一番分かるような気がする。」(30代男性 東京都)
「料理の写真を見ると、美味しさや完成度などの雰囲気を具体的に感じることができる気がするから」(40代男性  東京都)
「食事を通して楽しい時間を過ごしたいので、魅力的な料理の写真がそのお店の良さを表していると思うからです。」(30代女性 埼玉県)

 

理由2.自分で作れないレベルのものか判断したい
「料理をする人は殆どがそうだと思うのですが、外食でお金を使うのなら、自分がなかなか作らない、あるいは作れないものを食べたいといつも考えています。食べ物の画像にインパクトがあると、断然興味がわきます。」(40代女性 大分県)
「繊細な盛りつけで、家では面倒でしない感じ。食器もサイズ形色々あり、演出効果を感じる。せっかくの外食はやはり特別感が一番。」(50代女性 静岡県)
「外食をする際には自宅では食べられない料理や美味しい料理を食べたいので、「完成した料理のアップ」の写真が真っ先に気になります。まず「完成した料理のアップ」の写真でその店舗が魅力的か否かを判断して、そこから店舗外観や店内の全景等、他の部分を見る感じです。」(30代女性 広島県)

 

理由3.目的は食事なのだから、料理が最優先
「お店の内装も気になるところだが、家族との普段使いのお店選びでの利用が多いので、おいしそうでボリューム感のある料理かどうかをまず確認したいから。」(40代女性 東京都)
「外観は大したことはなくても、その分価格に還元されて低価格ならOK!」(40代男性 愛媛県)
「食べに行くのだから、肝心の料理が一番大切。」(30代女性 大阪府)
「お店の中や外の雰囲気はもちろんいいに越した事は無いのですが、どんな人と行くにしても、やはりお料理が美味しいのは1番の優先事項だからです。味は実際に食べないとわからないので、せめて写真だけでも美味しそうなもので選びます。」(30代女性 福岡県)

が挙げられていました。

本件調査では、3名を対象とするユーザテストから得られた「料理の写真がみたい」というユーザ心理を基に、「一覧画面で掲載して最も効果的なのは料理の写真ではないか」という仮説を立て、それをアンケートを用いて定量的な検証を行いました。

 
もちろんお店のジャンルや特色によっては上記結論が当てはまらないケースもあるかと思いますが、本記事が「ユーザの一般的な傾向」をつかむ手掛かりとして、飲食店担当者の皆さんのお役に立てば幸いです。

 

本記事の元となったユーザテスト結果を実際にご覧ください

本記事では「グルメポータルサイト」を対象に行ったリモート・ユーザテストの事例をご紹介しました。
実際にこの記事の元となったユーザテストの動画を皆さまにご覧いただける形で調整しております。

ID5990(20代女性)のテスト結果
ID5327(50代男性)のテスト結果
ID291(40代女性)のテスト結果

ぐるなび・食べログだけでなく、飲食店公式サイトのテストも可能です。ご興味のある方は是非本ページ下部の「ユーザテストExpress」をご検討ください。


The following two tabs change content below.
木原将太

木原将太

株式会社ポップインサイト リサーチマネージャー。京都大学大学院中退後、外国政府機関、上海勤務等を経て現職。同社サービス初期からテスト運用を担当。


グロースハック・アイデアが満載!ユーザインサイト事例60選

3,500件以上のユーザテスト実績から、様々な業界におけるユーザインサイトや、良いサイト・悪いサイトの事例をご紹介!あなたのサイトを改善するヒントが詰まっています。
ダウンロード(無料)

【動画教材付き】今日からできる!ユーザテスト入門

500回以上のユーザテスト経験を踏まえて、現場で実際にできる「簡易ユーザテスト」について、準備の方法、当日の進行のコツ、レポート作成のパターンなどを余すところなくご紹介!実際のテスト様子の動画教材もあるので、習得しやすい!
ダウンロード(無料)