健康器具や寝具では、「自身の抱える身体的問題に効果があるか」という基本的な情報に加えて、大型商品であるがゆえに疑問や不安が多く、これらを丁寧に把握し、1つ1つ解消することが重要です。

今回は、「体圧分散できる寝具」での一例をご紹介します。

ユーザ心理~寝具だってインテリア!

健康のための商品とは言え、寝具はスペースをとり人目にもつきやすいので、デザイン性も気にされます。

やっぱり寝具ですから、家のなかで使うものだけどデザインとか気にするし。(20歳男性)

サイトの悪い例/良い例

良い例(Air )

Air(http://www.airsleep.jp/lineup/si.html)ではシンプルなサイトデザインとカラフルな画像情報を提示している上、商品自体がグッドデザイン賞を受賞している点もアピールしています。

グッドデザイン賞が魅力的。

悪い例(西川ストアオンライン)

西川ストアオンライン(http://www.nishikawa-store.com/fs/futon/2210320815)では、商品デザインが古いイメージで、サイトデザインも一般的でデザイン性が低い印象を持たれてしまいます。

なんかすごい昔の柄ですね。さっきのサイト(Air)とうって変わっておばあちゃんおじいちゃんの家にある色みたいな柄。

ユーザテストにご興味がある方はこちら!メールまたはお電話にて、迅速にご対応致します。お気軽にお問合せください!