オンデマンド印刷は、印刷会社が早期から力を入れてきた事業の1つで、BtoBのWebマーケティングでも比較的進んでいる領域の一つです。

今回は、その中でも名刺印刷サービスでの事例をご紹介します。

ユーザ心理~印刷イメージが知りたい

様々な種類の紙を選び印刷することが可能なサービスがほとんどですが、インターネットだと実際に紙を見ることができないため、刷り上がった名刺がどのような紙に印刷されるかは分かりません。

この関心に対して、印刷イメージを提示することで、紙の違いや印刷時のイメージを把握することが出来ます。

おしゃれなデザインにあった、変わった紙がいいな。(男性32歳、デザイナー)

サイト例

良い例~プリスタ

プリスタの用紙一覧ページ(http://www.printsta.jp/paper_list)では、取り扱っている用紙の写真を掲載しています。

またそれぞれの用紙の詳細ページでは拡大写真を見ることができるため、紙のイメージがつかみやすくなっています。

悪い例~印刷通販の栄光

印刷通販の栄光の用紙一覧ページ(http://eikou-print.net/guide/paper.php)では、紙の印象が文章で説明されていますが、感覚的にわかりづらくなっています。

紙の名称だけ出されても、どれを選べばいいんだろう...。

ユーザテストにご興味がある方はこちら!メールまたはお電話にて、迅速にご対応致します。お気軽にお問合せください!