出産祝いなど、通販サイトの利用時の「ギフト目的」のケースは多くあります。

今回はフラワーギフトでの事例をご紹介します。

ユーザ心理~どんな花が適切か分からない

花言葉や季節の花、イメージに詳しいユーザなら問題ありませんが、知識のないユーザの場合花を選ぶことが難しくなります。

そのため、目的別のメニューを用意することで、申し込み増加に繋がります。

お見舞いに贈る花ってどれが最適なんだろう?(男性30歳)

サイト例

良い例~インターネット花キューピット

インターネット花キューピットのトップページ(http://www.i879.com/)では、トップページの目立つ箇所に、目的別のメニューが設置されれおり、目的に沿ったフラワーギフトを選ぶことが出来ます。

悪い例~オランディアガーデン

オランディアガーデンのトップページ(http://www.h-garden.co.jp/)では、大まかなジャンルだけが分けられており、詳細な目的のためのフラワーギフトを探すことが難しくなっています。

誕生日プレゼント用の花は取扱ってるのかな?

ユーザテストにご興味がある方はこちら!メールまたはお電話にて、迅速にご対応致します。お気軽にお問合せください!