消費者金融は危ないという不安があるため、「借りる際の疑問や不安」を丁寧に解消していくことが重要です。今回は消費者金融サイトの一例をご紹介します。

ユーザ心理~利率に不安がある

消費者金融を検討する場合、利率の低さを気にすることが大半です。

しかし消費者金融の「知らないうちに高い利率をかけられている」というイメージからくる不安があります。

利率が高くいつまでも返済が終わらない印象がある(25歳男性)

利率の範囲が広く、実際に適用されるのは何%なのか分からない(32歳女性)

サイトの悪い例/良い例

良い例(アイフル)

アイフル(http://www.aiful.co.jp/)では返済シミュレーションの利率の設定の仕方が記載されており、柔軟に記入できるため、

実際の金利に近いシミュレーションを行うことができます。

金利の決め方が記載されていて、実際の返済イメージが湧く

悪い例(プロミス)

プロミス(http://cyber.promise.co.jp/)では、金利の補足がないため、自分の場合にどれぐらいの金利かが分かりません。


ユーザテストにご興味がある方はこちら!メールまたはお電話にて、迅速にご対応致します。お気軽にお問合せください!