グローバリゼーションが進む中、国内における英語教育の重要性は増すばかりです。そのため、教える人(先生)を確保するために「主婦のアルバイト」のニーズがましています。

今回は英語塾(先生募集)での事例をご紹介します。

ユーザ心理~自分の状況が条件に合うのかが不安

主婦のアルバイトは家事・子育ての合間に行うため、労働時間・条件に制約があり、「自分の状況でも大丈夫か」という不安があります。

募集時の書き方によって、募集条件に合いそうかどうかの印象が大きく変わるため、どんなケースなら可能性があるかを明確にすることが重要です。

若いママさんとか新婚さんの主婦とかやっちゃいけないのかな…。(女性27歳、会社員)

サイト例

良い例~Bennesse こども英語教室

Bennesse こども英語教室(http://www.pippon.com/tec/job/data.html)では、開講場所や指導経験・育児状況についてのデータに加えて「自宅付近の外部会場も」等の一言コメントで安心感を高めています。

悪い例~東進こども英語塾

東進こども英語塾(http://www.toshin-kodomo.com/works/outline.php)でもデータは公開されていますが、ベネッセに比較すると「自宅でできない場合も大丈夫か?」等の不安へのケアが弱くなっています。


ユーザテストにご興味がある方はこちら!メールまたはお電話にて、迅速にご対応致します。お気軽にお問合せください!