ユーザ心理~とにかく画像を見たい

リフォーム検討で何をおいても重要なのは、リフォーム後の家がどのように変わるかを具体的にイメージできることです。

そのためには、文字でなく、とにかく多くの写真を用意することが有効です。

パッと見た時に分からないことがすごく多い気がする。いきなり文字が出てくるとあまり見ようとは思わない。惹かれないです。(50歳女性)

サイト例

良い例(ニッカホーム)

ニッカホーム(http://machida.nikka-home.co.jp/works/kitchen/20140623172402.html)では、施工例のビフォーアフターを大きな画像で掲載しており、実際に使っている雰囲気がイメージしやすくなっています。またナカヤマ(http://www.nkym.co.jp/deals/simulation/)では実際に施工した際のイメージCGを作成して提案しますが、そのCGをサイトに載せているのも非常に分かりやすいポイントです。

悪い例(山商リフォームサービス)

山商リフォームサービス(http://www.8044.co.jp/)では分かりやすいビフォーアフター画像も載せていますが、反面文字による説明が非常に多く、画像などで直感的に探すことが出来ず分かりにくいため、興味が湧きづらくなっています。


ユーザテストにご興味がある方はこちら!メールまたはお電話にて、迅速にご対応致します。お気軽にお問合せください!