ユーザ心理~果たしてその着心地、触り心地は?

ネットショップで衣類を販売するときには、なるべく色々な角度からの写真を掲載した方が、購買者の着用イメージを沸かせて購入に結びつくようです。しかし実際に商品に触ることができないネットショッピングでは、その質感だけはなかなか伝えることができず、またその分重視される点でもあります。

生地のアップはありませんかね。製法が大丈夫かなって思うんですけど。

サイト例

良い例~ニッセン

ニッセン(http://sp.nissen.co.jp/shoitem/regular/1301/1301_43222.asp?corner=girlsbrunch_013001&referer=&x%2Bxcookie=on)では、複数のアングルから商品を撮影しており、モデルの着用/非着用写真に加え、生地を見せるためのアップの写真も用意しています。

悪い例~Flag Shop

逆にFlag Shop(http://flagshop.jp/fs/sp/g/g1556180138FS_r29901/)では、写真の量もそれほど多くはなく、生地がわかるようなアップの写真もありません。

厚みとか切れ端とか断面みたいなの乗ってるといいですよね

ユーザテストにご興味がある方はこちら!メールまたはお電話にて、迅速にご対応致します。お気軽にお問合せください!