ユーザー心理~本当にちゃんと勉強しているか不安~

親の不安として、教材を渡しても「子供が本当に勉強しているかわからない」という不安があるため、手軽に学力状況をチェックしたいというニーズがある。

学習状況の確認ツールや方法などを説明することで、これらの不安を解消することが重要である。

悪い例/良い例

悪い例

Gakken(http://www.kame.co.jp/course/tablet/)は学習状況の把握について何も記載がないので、子供が学習しなかった場合に対処できるか不安になる。

良い例

スマイルゼミ(http://smile-zemi.jp/chugaku/)は、パソコン、スマホの両方で簡単に学習状況が確認できることを訴求している。さらに、その日に何をやったのかを教科ごとに色を変えてわかりやすく表示していて見るのが楽しくなる。


ユーザテストにご興味がある方はこちら!メールまたはお電話にて、迅速にご対応致します。お気軽にお問合せください!