ユーザー心理~採用されやすそうなバイトを選びたい

一般的には「人気にあるバイトがよい」と考えがちですが、「人気=採用されにくい」というイメージもあり、早くアルバイトを見つけたいケースでは人気のあるアルバイトに避けて応募したいニーズがあります。

応募する側が効率的に応募できるように応募状況が公開されていることが求められれます。

このアルバイトは人気あるのかな?人気だと落とされやすそうなので、穴場を狙いたいですね…

悪い例/良い例

悪い例

マイナビバイト(http://baito.mynavi.jp/)は応募状況を示すものがないのいで、どれが人気なのかがわからない。

良い例

バイトル(http://www.baitoru.com/kanto/)は「応募バロメーター」があるので、掲載期間と照らし合わせながら倍率を想定できるので採用されやすい求人を探しやすい。


ユーザテストにご興味がある方はこちら!メールまたはお電話にて、迅速にご対応致します。お気軽にお問合せください!