ユーザ心理~記事がどんな用途で利用されるか想像できず書きづらい

ライティングや記事作成の仕事は気軽にできる在宅ワークとして人気ですが、作成する記事がどのように使用されるのか分からず、それによって依頼元の意図に反した記事を書いてしまうことを懸念し、仕事を始めるのを躊躇されてしまうことがあります。

ライティングの依頼サイトでは、依頼する記事がどのような文脈で利用されるのかについて、詳しく記述されていることが望ましいです。

 

何に使うのかよく意図が読めないような、どういう事を求められてるのかが分からないサイトはやっぱり敬遠します。(31歳女性 主婦)

悪い例~クラウドワークス

クラウドワークス(http://crowdworks.jp/public/jobs/group/writing)では、「30代~40代女性読者向け」といった指定は行われていますが、どのような目的で使用されるのかについては「人生や日々の生活を豊かにするためのブログ」といった抽象的な内容にとどまっています。

 

すごく簡略に書いてあって判断できないですね。最終的にどのような文章に繋げたいのかで文脈も全然違ってくるので、ここでは難しいと感じます。

ユーザテストにご興味がある方はこちら!メールまたはお電話にて、迅速にご対応致します。お気軽にお問合せください!