ユーザー心理~履いた時のイメージが持てない~

ジーンズは写真を見ただけではわからないから、自分が履いた時のイメージを持つのが難しい。だから、インターネット販売でジーンズを買うことを躊躇する。

写真ではモデルが履いているので、自分が履いた時のイメージがつかない

靴などの高さが書いていないとイメージがつかない

良い例/悪い例

悪い例

GAP(http://www.gap.co.jp/)はモデルの身長が180cm、ウェスト58と通常の人と大きく異なる体型上に、上半身が写っていないので、ジーンズを履いた時のイメージが持てない。

良い例

TEANY(http://www.rakuten.ne.jp/gold/croix-ec/)は、様々な人がモデルで履いているので自分に近い人を見つけて履いた時のイメージを持ちやすい。サイズこそ書いていないが、そのジーンズに合いそうな靴やサンダルを履いているのでトータルなコーディネートがイメージ出来る。


ユーザテストにご興味がある方はこちら!メールまたはお電話にて、迅速にご対応致します。お気軽にお問合せください!