リモートワークを活用し、子育てとやりがいのある仕事を実現

Q. 就職活動では、どんな求人を探しましたか?

仕事内容はもちろん大事だと思っていたのですが、一人親で子供がいるので、朝から晩まで仕事みっちりだと子供との時間がとれなくなってしまい教育上よくないと思いましたので、バランスがとれる仕事を探していました。

時間的拘束を考えると、派遣社員でも仕方ないかと思い、ネットで自宅の沿線上や自宅周辺の近場を探したりもしました。

企業サイドは「子供がいるとちょっと…」「病気ですぐ帰ったりするんでしょ?」と思われ選考漏れしてしまう、というイメージがあったので、最初からそのような求人を除外するために、「女性が働く」「子育て中の人が働く」という感じで検索しました。

Q. ポップインサイトはどのように知りましたか?

最初に登録した紹介会社で教えてもらいました。

面接を決めるまで、通常は社名は教えてもらえないのですが、「ユーザビリティテストを渋谷で行っている会社」と聞いたので、「ユーザビリティテスト 渋谷」で検索して、事前に勝手に確認しました。

公式サイトを見たら非常にシンプルで、正直なところ「ユーザビリティテストってなんだ?」という感じはありましたね。メンバーの経歴が、皆さん非常に高学歴だったので「えっ、大丈夫なのか?なんで紹介されたのか?」と思いました…。紹介会社からは「在宅で働けて、すごく条件がいいので、このチャンスを逃さない方がよい」と押されて、おそるおそる応募しました。

Q. 一次面接の印象はどうでしたか?

最初に池田さんにお会いしたのですが「はじめから代表取締役か…ハードル高いな」と思いました。面接日が、ちょうど在宅ワークの日で、他に誰も出社していなかったのもあって、最初はすごく緊張しました…。

面接では「話をさせるのが上手」という印象で、「乗せられたな」という感じでした。普通の面接を受けていると、通り一遍の質問で合否を振り分けているのが見えてしまうものですが、ポップインサイトの面接は「なんでアレを聞かれたんだろう」とか「プラスになるようなことは言えたのかな」とか、ぜんぜん違う印象でした。

当日はテストがあることは聞いていたので、一般常識的なテストをすると思って勉強をしてきたんですが、予想とは全く違う実務的な内容であまりできなかったので、「あちゃー」と思いました。

Q. 二次面接の印象はどうでしたか?(二次面接は、渋谷オフィスでなく、エンジニアがいる目黒シェアオフィス)

最初、紹介会社の担当さんが場所を間違っていて、渋谷オフィスにいっても誰もおらず「あれ?」と。

目黒に行ったら行ったで、あまりにも「シャレオツ」な場所で、そういう圧迫面接なのかな、と思いました。

二次面接の内容は、雑談で、「人となりを見させてもらってもらおうと思って」という感じでした。「仕事できるかできないかを見る」のかと思ったが、全くそういう感じはなく、「良い人か悪い人かを見る」という感じで、「そこか!」と思いましたね。

Q. その後、一週間の在宅ワークのインターンがありましたが、その時の印象はどうでしたか?

インターンは正直、すごい辛かったですね。はじめにもらった情報で、自分が「何に答えなくちゃいけないか」を判断しきれず、どんどん広げすぎてしまって、Kさんを困らせてしまい…。最終的に軌道修正できたんですが、こんなに迷惑かけて、こんなにやってダメだったら「なんだったこの1週間」になりそうだなと不安はありました。

お題もとても難しかったんですが、正解を出すというよりは、真剣にやるという姿勢や、リモートワークがちゃんとできるのかを判断するものかなと思っていました。リモートワーク自体もはじめてだし、社員さんは日常業務の中で対応してくれてるんだなぁというのがあったので、自分の中で時間を決めて、朝1回・午後1回で質問しよう、というリズムを作っていました。

Q. その後、無事入社されましたが、入社後の印象を教えてください。

入社後は、最初の印象と変わらなかったんですが、ベンチャーで頭の回転のいい人が多く、速度にビックリしました、ずっとベンチャーじゃない企業でやってきて、「指示待ち」の営業事務が多かったので、自分でどんどん仕事を覚えていかなくちゃいけない、という姿勢に切り替えるのにすごく時間がかかって…面倒をおかけしたな、という反省しています。

Q. ちょうど2週間目に、意識がすごく変わったな、と思った瞬間がありましたが、どんなきっかけがありましたか?

Kさんに「このままだとダメ。一度習得したことは、キチンと自分で責任をもって最後までできるようにしないとダメですよ」と注意頂いたことがきっかけでした。色々な依頼が立てこんで、なかなかうまくこなせない状況だったんですが「このままじゃダメだな」と意識を変えました。

その後も失敗は多くしてるんですが、やっとスタートラインに立てたと思います。

1週間がすごく早くて、ぼーっと会社にいっちゃいけないな、常に自分の中で整理してないと思いながら仕事をしています。

Q. 子育てをしながらの仕事になりますが、日々の生活リズムを教えてください。

朝は5時半に起きて、まずメールチェックをして「こんな案件があるな」というのを頭で想定しながら、朝食の準備や子供のお弁当を詰めて、炊事洗濯をしています。

7時半ぐらいまではテレビに子供を任せてますが、そこから30分ぐらいは子供と本を読んだりする時間にしてます。

8時に子供を保育園に送ったら、戻ってきてすぐにパソコンで仕事をはじめます。

16時ぐらいに子供を迎えにいったら、その後はiPhoneでメールチェックはしつつ、子供の相手をしつつ、子供にiPhoneを投げられたりしてますね。

9時半ぐらいに何とか寝かしつけ終わったら、改めてメールをチェックしています。

時間を有効活用するために、1日の食事はその日の夜中に全部作って、冷蔵庫に入れてあります。

Q. 仕事の中で、やりがいのある点を教えてください。

常に考える仕事で、前職だといつも同じことを脳を使わず繰り返す感じだったんですが、今はタスク設計や、モニタさんとのメール対応など、常に頭を使う必要があるのは、大変だけどやりがいを感じます。

また、会社全体が常に「改善しよう、よくしてこう」という風土で、問題点があったら改善を出しあっている点もとても刺激になっています。

Q. リモートワークを中心に業務を進めてもらっていますが、よい点や苦労している点を教えてください。

通勤時間がかからないのが、とても助かっています。

ただ、反面寂しい点はありますね…。チャットワークで、雑談チャットなどもありますが、仕事が忙しいとこちらにもなかなか参加できない時もあります…。

子供を迎えにいってから寝かしつけ終わるまで、仕事のタイムラグがどうしても発生してしまい、スマホでやれることはやりたいが、難しい部分もあります。

Q. 今後どんな風に成長をしていきたいと思っていますか?

やってることがすごく面白くて、ウェブサイトや情報を見る時に「なんでこうなんだろう?」を突き詰めていくやり方が広がると、企業やサイトにとってもとても素敵ですし、世の中に広げていきたいと思っています。

子どもが大きくなった時に「お母さんはこんな凄い仕事をしてるのよ」と誇れるような仕事をしたいですね。

Q. 最後に、新しいメンバーはどんな人と働きたいですか?

チームワークを大切にできる人がよいですね。今は「ありがとうの気持ち」で動いてる会社だと思うので、そういう人じゃないと、やりにくいと思います。前職では、例えば営業は「俺がとってきてやったんだが、しっかりやれ」みたいな、結果の数値しか見てない人もいて、そういう人は難しいと思いますね。

ポップインサイトの考え方

我々は、創業チームが全員家庭を持っており、私自身も「人生で死ぬ時、最も重要なのは家族との関係」と思っておりますので、「家庭を大事にするベンチャー」と標榜してきました。なので、ベンチャー企業にありがちな「頑張るソリューション」に逃げず、徹底的に業務効率化を行い続けました。その結果、定常業務の大部分はリモートワークでも全く問題なく回る体制を構築でき、通常業務のかたわら月の半分を中国で過ごすようなメンバーもおります。

私は元々「世の中はもっと多様性が認められるべきで、そのために多様な人間が受け入れられる"器"がもっとあるべき」と考えていたので、このような体制を作った後に「これなら、能力ややる気がありながら十分に発揮できなかった方に、やりがいとバランスのある仕事を提供できるのでは」と思い、自分自身が子育て真っ最中であることもあり、シングルマザー/ファザーの採用を選択肢に入れました。もちろん「本当にうまく回るのか」という不安はありましたが、多くの企業がこのような不安を解消しきれずに採用に踏み切れない現状に対して、「えいや」で動けるのがベンチャー企業・そして起業家の社会に対しての価値だと思うので、実際に採用する方向でかじを切りました。

実は、そのような中で、最初にお会いしたのがまゆさんでした。当然ながら、何人もの方とお会いする予定だったので、最初の方を採用に至るとはまさか思っていませんでしたが、面接の中で「子どもに対して誇りを持てる仕事がしたい」と語る熱意・姿勢にとても共感し、「まさに、こういう人がしっかり活躍できる場を作りたい」という自分自身の想いを確固たるものにすることができました。一緒にお仕事をすることができ、本当に嬉しく思っています。

このような「器」をもっと大きくしていくためにも、また企業ミッションである「ユーザ視点」の拡大のためにも、もっともっと大きな成長を実現していきたいと思っています。ぜひ同じ価値観・志で進んで頂ける方からのご連絡をお待ちしております!



一緒に働く仲間を募集中!

募集中の職種はこちらをご覧ください。

将来の選択肢としてもうちょっと詳しく知りたい方

まずはランチでも(もちろんおごります)。ぜひお気軽にご相談ください!

今すぐ本格参加を検討したい方

あなたのご状況に合わせスピーディに検討・対応致します。以下よりご応募ください。