スタマージャーニーマップの検討において、どんな状況(理由)でユーザテストが利用されているかをご紹介します。


状況1 定量データではパターンが見いだせない

アトリビューションなども含めて定量データからパターンを見出そうとするが、データが膨大で、かつツールがまばらなため、パターンを見出すことができない

特定ユーザの動きから、カスタマージャーニーをわかりやすく把握できます

ユーザテストを「検索行動」などの自社以外からスタートすることで、1人のユーザの検討の流れが全て把握でき、カスタマージャーニーの土台として活用頂けます。

弊社ユーザテストのよくある設計例
弊社ユーザテストの活用例


メールまたはお電話にて、迅速にご対応致します。お気軽にお問合せください!