PDCAや運用フェーズにおいて、どんな状況(理由)でユーザテストが利用されているかをご紹介します。


状況1 アイデアが枯渇

改善アイデアを出し尽くしてしまい、次にどんな改善を行なうべきかがわからない。

ユーザ視点で「新たな課題」を発見できます

ユーザテストにより、これまでになかった新たな視点での課題を発見できます。

また、競合サイトに対して同時にテストすることで「競合サイトの参考にすべき点(取り込むべき点)」も明らかにできます。


状況2 定量データが代わり映えせず、会議がマンネリ化

改善しても定量データがあまり変化しないため、議論が盛り上がらない。

「定性的な変化(成果)」を追えます

定量データで明確化するのが難しい成果(印象アップ等)を把握できます。



メールまたはお電話にて、迅速にご対応致します。お気軽にお問合せください!