ユーザビリティランキング(大学スマホサイト編)・今週のwebマーケティング記事ピックアップ5選(10/21〜10/28)

今週アップされた、ユーザビリティランキングの話題をはじめとするwebマーケティング関連記事をポップインサイトのスタッフがピックアアップしてお届けします。

対象期間:2016年10月21日〜10月28日

大学のスマホサイト、ユーザビリティランキング

prl1610281102050-p1

出展/引用:SankeiBiz(2016年10月28日)

株式会社日経BPコンサルティング(所在地:東京都港区、代表取締役社長:戸田 雅博)は、大学Webサイトのユーザビリティ(使いやすさ)を評価した「〔PC編〕全国大学サイト・ユーザビリティ調査 2016-2017」の結果をまとめた。対象大学は、国立・公立・私立の110大学サイト。PC向けサイト(以下、PCサイト)を持つ大学では現在、スマートフォン(以下、スマホ)への対応が進んでおり、今回の調査では85%の大学がスマホ・サイトを提供していた。スマホ対応を進めた大学では、一般にPCサイトのユーザビリティも高くなる傾向があり、特にトップページのリンクが体系的に配置される事例が多かった。≪記事全文はこちら≫

POPくん1ポップくん一言

このユーザビリティランキングは「サイト・ユーザビリティ」「メインコンテンツへのアクセス」「 見やすさ」などの8つの指標で評価されています。
指標の中でも、以下の項目は大学のサイトに関わらず全サイトに共通し、客観的に評価が可能なためチェック項目として参考になります。

・スマホからGoogleで検索したとき「スマホ対応」のマークが付いているかどうか
・画面からはみ出して見えない画像や表はないか
・標準ではないプラグインを必要とするコンテンツがないか
・PCサイト表示切り替えボタンの有無
・特定の検索ワードについて、期待するページが上位に挙がるか

海外のおしゃれなWebデザインを集めたギャラリーサイト7選

2016-09-02_13h54_33

出展/引用:UX MILK(2016年10月21日)

Webデザインを考える際に、デザイナーなら誰でもおしゃれなサイトに仕上げたいものです。ですが、具体的に「おしゃれなサイト」と一言で言っても、その感覚は千差万別です。

この記事では、デザインに行き詰まったときなどに眺めたい、おしゃれなサイトを集めたギャラリーサイトをご紹介します。様々なサイトを見ることで視野を広げ、引き出しを増やし、ご自分のデザインに活かしてみて下さい。≪記事全文はこちら≫

POPくん1ポップくん一言

デザイン案や改善案に行き詰ったときは、海外のWebサイトのデザインを眺めていると、気分転換にもなって良きアイデアが得られるかもしれませんね。

【予測】2017年の「UXデザイントレンド」を考える。注目の7つのトレンドは?

card-design-blog_image1-1-853x480

出展/引用:SeleQt(2016年10月28日)

2016年は「UX(ユーザーエクスペリエンス)の年」だと言えそうです。ちょっとした流行から始まって今では大ブームになりました。
トレンドはみなさんが思うよりも速いペースで変化しています。UXデザインのトレンドに常にアンテナを張り巡らし、今後の経営戦略を立てる必要があります。
この記事ではそれらの情報を余すことなくご紹介します。≪記事全文はこちら≫

POPくん1ポップくん一言

その時の流行りを取り入れることはとても大切ですが、流行りにとらわれすぎてユーザを見失わないように注意しましょう。

ビジネスの現場で実践 統計学で差をつける!

img_084fed2dca61869bb5dedcf2bb17ce6791697

出展/引用:ダイヤモンド・オンライン(2016年10月27日)

東京ディズニーランドの最寄り駅となるJR舞浜駅は、JR東日本の中でトップ10に入るほど自動販売機の飲料が売れる駅だ。午前9時台と午後2時台の1日2回、補充をしても売り切れてしまっていた。

ただ、駅構内(エキナカ)の自販機は、乗降客への安全面の配慮や階段を通っての運搬から補充を増やすことが簡単ではない。回数を増やさずに売り切れを防ぐべく、2012年夏の販売データを時間帯別に調べた。すると、午後10時台に需要のピークが訪れ、午前9時前にも売り切れが続出していたことが判明した。≪記事全文はこちら≫

POPくん1ポップくん一言

「統計学を用いて自販機の売上をアップさせた事例」が紹介されていますが、ポイントは「現場の知見とデータ分析とを組み合わせて、仮説と検証を繰り返すこと」と語られています。
インターネットの世界でもデータ(アクセス解析など)と現場(ユーザの声など)を組み合わせることはとても重要と言えます。

成果につなげるFacebook投稿7つのポイント ―― 「ネタが浮かばない」悩みを解決します!

4e9b10b3a7d9f761dc381b35104ba4f2_s

出展/引用:Web担当者Forum(2016年10月26日)

メンバーズの小野寺翼と申します。企業のソーシャルメディア運用担当者を対象に、「複数ソーシャルメディアの統合運用」をテーマに連載を担当しております。今回より、「Facebookの企業活用」をテーマに3回に分けて執筆します。第1回は「Facebook投稿を考えるうえで、意識すべき7つのポイント(前編)」です。今回はソーシャルメディア担当の皆さんが日々頭を抱えているFacebookページの投稿コンテンツ。ネタ出しに使える7つのポイント(のうち5つ)を紹介します。≪記事全文はこちら≫

POPくん1ポップくん一言

Facebook投稿においては、生活者目線の「有益さ」を意識することが重要。
この「有益さ」は、「実利的な有益さ」(おトク、割引など)のほか、「精神的な有益さ」(おもしろい、感動するなど)
を捉えることで、ファンが興味をもってくれる情報発信が可能になるとのことです。

ポップくん

株式会社ポップインサイトの公式キャラクター、ポップくんです。ユーザビリティやユーザテストをはじめとして、Webマーケティング全般にわたり、皆様に役立つ情報を発信してまいります。



【人気】UXリサーチャを貴社チームに!!

「UX改善したいけど人がいない」「CVR改善が伸び悩む」「社内で育てられない」というチームに最適!UXリサーチャとリサーチツールをセットで提供!