「Yahoo!不動産」と「SUUMO」のUI/UXを比較調査!ユーザテストExpress体験記~第4回

【作成】2016/12/06   【更新】2017/02/28 

体験記

こんにちは!!
ポップインサイトのひよっこWebマーケター田中比那子です☆(ゝω・)v
寒い日々が続きますが、本日も第3回に引き続き、
元気モリモリ!!ユーザテストExpress体験レポをお届けします!!

今回のお題~Yahoo!不動産

今回は、お部屋探しの強い味方・”Yahoo!不動産”
に改善のご提案をさせていただくという体で調査をしていきます。

 

なんと!初のカスタムタスク(モニタへの質問をカスタマイズできる機能)に挑戦です・・・!!
ドキドキします・・・(((o(*゚▽゚*)o)))

調査の作成

まずは新しい調査を作成ボタンから、調査を作成します!

 

1、今回はPCサイトを選択し、URLを入力

1ステップ

 

2、モニタの選定条件は、”不動産”を”インターネットで探した”ことがある人にします!

 

ガーンΣ(゚д゚lll) 探した”した”ことがある人になってしまいました・・・
し、仕方ありませんね!!
男女はどちらでも良いです(・∀・)

モニタの選定

 

今回もたくさんのモニタさんが集まってくださり、その中からこの方にお願いしたいと思います!

モニタ選定 チャレンジ3

 

ここで!今回は、プロプラン(※ユーザテストExpressのメニューのひとつ。詳細は是非お問い合わせください。)限定の、タスクカスタマイズ機能を使って、
オリジナル調査をしたいとおもいます☆(ゝω・)v

プロプラン 調査目的

 

1.パターンの選択
このように、タスクパターン一覧が出てくるので、この中から希望のタスクを選択します。

1.パターンの選択

 

今回は、競合の”SUUMO(スーモ)”さんとの比較をしてみたいので、
【PC-03-01 2サイトを比較】を選んでみます!!

 

2.基本項目の入力
基本項目を入力していきます。
ふむふむ、ここは調査作成時と同じようなかんじですね・・・(・ω・)

2

 

3.タスクの変更・調整
こちらで、タスク内容を具体的に変更していきます。

3変更調整修正後上

3変更調整修正後下

 

今回の調査では、物件検索のしやすさについて、より深く見てもらいたいと思うので・・・

 

■ページ3に以下の設問を付け足します。

・検索のしやすさはいかがでしたか?

・検索結果一覧の見やすさはいかがでしたか?

・物件の比較のしやすさはいかがでしたか?

 

■ページ5に以下の設問を付け足します。

・ [最初のサイト](http://suumo.jp/)と比べ、検索のしやすさはいかがでしたか?

・ [最初のサイト](http://suumo.jp/)と比べ、検索結果一覧の見やすさはいかがでしたか?

・ [最初のサイト](http://suumo.jp/)と比べ、物件の比較のしやすさはいかがでしたか?

あとは自然な流れになっているか、チェックしまして・・・

 

【上記の内容でタスクを登録】ボタンを押します。
こちらでカスタムタスクが完成しました
(((o(*゚▽゚*)o)))

 

カスタムタスク

このように、”カスタムタスク”と登録されています☆

動画を見ながら、紙に発見点をメモ

調査結果動画を見ながら、いつものように発見点を紙にメモしました!
今回もモリモリの内容となっておりました
(p`・ω・´q)

 

Yahoo!不動産

”Yahoo!不動産”の課題点

・「買う」「借りる」とテキストの表記があるのは良いのだが、SUUMO(スーモ)のようにトップページにエリアの地図もある方が、視覚的に物件を探しやすい。動画

・東京都の賃貸を”市区町村から探す”と、複数選択が出来ない。
(”地域から探す”からだと、複数選択が出来る)(動画

”Yahoo!不動産”と”SUUMO(スーモ)”を比較してみた印象

・検索のしやすさ

【SUUMO(スーモ)】
トップページから、検索始めるところまではわかりやすく、入りやすかった。

【Yahoo!不動産】
最初見た時はごちゃごちゃしてどこから検索に入るのか迷うと感じたが、実際はフリーワードではなく、
具体的な条件での絞り込みが出来、自分の希望する物件にたどり着きやすかった。(動画

・検索結果一覧の見やすさ

【SUUMO(スーモ)】
同じ建物の同じ部屋らしき物件がひとつのところにまとまって表示されたためわかりやすかった。

【Yahoo!不動産】
同じ建物の同じ部屋らしき物件が複数に分かれて出てくる為、同じ物件と一見してわかりにくい。(動画

 

【SUUMO(スーモ)】
物件名・築年数・最寄駅の表示があるものが多く、イメージしやすい。

【Yahoo!不動産】
物件名や、住所のみの表示が多く、イメージしにくい。
動画

”Yahoo!不動産”の良かったところ

こだわり条件の選択肢がたくさんあり、フリーワード検索よりも便利と感じる。
小さな子供がいるため、ベランダからの転落が怖いので、一階で、小さくても良いのでテラスがある物件を希望するが、こだわり条件として選べるため好印象。(動画

・事務所利用不可と明記があるのはとても大事だと思っている。
以前事務所の隣に住み、騒音でトラブルになったことがあるため、明記されているのは安心。(動画

”Yahoo!不動産”への要望

・同じ建物内で複数の物件がある場合は、まとめて表示されるほうが検討しやすい。(動画
・物件の写真を最後まで見た時、【 >】を押しても一番最初に戻れないのが不便。
くるくる回るイメージで見れたほうがスムーズと思う。(動画

 

なるほどですね、
今回のモニタさんは小さいお子様のいるご家庭の主婦さんということでしたが、
より具体的な条件の絞り込みが出来て、希望の物件を探しやすかったヤフー不動産のほうが高評価でした。
しかし、各物件名の表記や、TOPページのごちゃごちゃ感、物件写真の見せ方など、重要な課題点もあるようです・・・!
(p`・ω・´q)

 

では、これらをふまえて改善提案レポートを作ってみます!

各物件名の表記の課題

TOPページからの検索しにくさの課題

物件の詳細ページの写真の見せ方の課題

 

またまた良い改善案をクライアント様にご提案できそうです!!

これにて年内のわたしのユーザーテストExpress体験レポはラストとなります。
ご覧いただき、ありがとうございます(((o(*゚▽゚*)o)))

 

来年も頑張ってご参考になるような、
良いユーザーテストExpress体験レポをお届けしたいと思っておりますので、
ご覧いただけますと嬉しいです!!

年末お忙しくなると思いますが、
皆様どうぞお体を大切にしつつ、頑張ってくださいませ☆☆☆

IMG_7890

田中比那子

株式会社ポップインサイトにて、北海道のリモート環境で、Expressサービスのカスタマーサクセスを担当。Webクリエイター上級資格あり。



アジャイルUXリサーチを始めよう

「UX改善したいけど人がいない」「CVR改善が伸び悩む」「社内で育てられない」というチームに最適!ユーザ視点の高速PDCAでビジネス成果を創出!