ブログ

投稿者: 池田 朋弘の記事

SXOのためのユーザリサーチの具体的な3ステップを紹介!

デジタルマーケティングの集客手法は、SNSプラットフォームや広告手法の増加により多様化していますが、その中でも、ユーザニーズ・購買タイミングを最も的確に捉えられる集客チャネルが検索エンジンであることには変わりありません。

そのため、検索エンジンでの上位表示を獲得するための「SEO(検索エンジン最適化)」という概念も引き続き重要ですが、最近このSEOの考え方を進化させた「SXO(検索時のユーザ体験最適化)」の重要性にも注目が集まっています。SEOが検索エンジン起点の言葉であるのに対し、SXOはユーザ体験に起点を置いた考え方です。

当社でも最近、「SXOのためにユーザリサーチをしたい」というご相談が増えており、社内リサーチャ向けにプロセスを整理したので、ぜひ参考にしてください。

投稿日:
投稿者: 池田 朋弘

優れたUIデザイン(ユーザインターフェース)を作るために意識すべき、たった1つの原則

Webサイトやアプリは、もはや現代人の生活に不可欠です。Webサイトやアプリにおける「UIデザイン」は極めて重要で、玉石混交の「UI原則」や「UIテクニック」が数多く公開されています。

しかし、「UIデザイン」に関する膨大な情報を得ても、いざ自分のWebサイトやアプリ開発となると、「良いUIデザインは結局どうすれば作れるの?」と迷うことも多いのではないでしょうか。

この記事では、優れた「UIデザイン」作成の実践に必要な、

  • UIデザインとは何か、なぜ重要なのか
  • UIデザインで意識すべきたった1つの原則
  • UIデザインを行うための具体的なアプローチと成功事例

をまとめています。

投稿日:
投稿者: 池田 朋弘

Webコンサル歴10年目の私が選ぶ、UX改善を行う上で絶対読むべき本9選

2006年の学生ベンチャーの立ち上げに参画してから、何らかの形でWebマーケティングにおけるユーザビリティやUXを考えるようになり、早いものでもう10年の月日が経ちました。

そんな節目を迎えるにあたって、多くの先人の知見・経験によって学ばさせて頂いたことに改めて感謝しつつ、「特に参考になった」と思う書籍をまとめます。これから新たにユーザビリティ等を学ぶ方の参考なればとても嬉しいです。

投稿日:
投稿者: 池田 朋弘

エスノグラフィー・行動観察調査の3つの価値と事例

新しいマーケティング手法として注目を浴びている「行動観察」。
その基礎は、文化人類学の用語である「エスノグラフィー」という考え方に根ざしています。

本稿では、マーケティング領域でエスノグラフィー・行動観察調査の活用を検討している方に向けて、

  • エスノグラフィーの3つの価値
  • エスノグラフィーをマーケティングに活用する具体事例
  • ユーザテストで手軽に始めるエスノグラフィー

についてご説明します。

投稿日:
投稿者: 池田 朋弘

Webマーケにおける「行動観察の3つの役割」とは

Webマーケティングやウェブ解析と聞くと、近年のビッグデータ流行もあり、「定量データや数値をいかに分析するか」という発想になりがちです。しかし、その真逆にある「1人1人のユーザの行動観察」というアナログな手法も、大きなビジネス成果を生む可能性を秘めています。

投稿日:
投稿者: 池田 朋弘

Webマーケ現場での「アイトラッキング」の4つの価値

長らくユーザビリティ領域で営業活動を行っていると、「ユーザビリティテスト=アイトラッキング」と思っている人がいるほど、アイトラッキングには強いインパクトがあります。

実際のユーザテストでは、環境・コストの問題から、アイトラッキングを行わないケースも多いのですが、ある程度予算(100万~)があるケースではアイトラッキングも併用できる方がもちろん望ましいです。

ここでは、私の実体験を交えて、ユーザテストやユーザビリティ改善において、アイトラッキングツールがどのような価値を持つのかを4つの視点で整理します。

投稿日:
投稿者: 池田 朋弘

ユーザビリティとは:定義、評価方法や改善効果、推薦図書

Webサイトリニューアルやアプリ改善企画プロジェクトでは、「ユーザビリティの改善」というフレーズや方針が含まれている企画書を数多く目にします。

しかし、「あなたのサイトにおける『ユーザビリティ』とは何ですか?」と質問しても、クリアな答えが返ってくるケースはほとんどありません。

本稿では、ユーザビリティに関する数多くのコンサルティング経験を持つポップインサイト代表池田が、実体験を踏まえできるだけ具体的かつ実践的に以下について解説していきます。

  • ユーザビリティの定義
  • ユーザビリティの重要性
  • ユーザビリティを評価方法
投稿日:
投稿者: 池田 朋弘

なぜ営業フックとしてユーザテストが有効か

ユーザテスト(ユーザビリティテスト)は「クライアントから受注した上で実施するもの(売り物)」という認識が一般的だと思います。しかし最近弊社では、クライアントへの売り物ではなく、クライアントの信頼獲得ツールとして販促費用でユーザテストをご実施頂くケースが増えています。

今回は、営業フックとしてのユーザテスト活用が増えている背景や、効果的な理由をご紹介したいと思います。

ユーザテストについて
ユーザテストって何?という方は、「ユーザビリティテストはなぜ重要か」の記事で詳しく解説しています。
投稿日:
投稿者: 池田 朋弘

ユーザテストが”刺さる”7つのパターン

ユーザテスト(ユーザビリティテスト)は非常に効果的な手法です。

ユーザテストの認知度はここ数年で大きく上がりましたが、「ユーザテストって本当に有効なの?」というクライアントもまだまだいます。

ユーザテストをWebマーケティングシーンで有効に活用するには、顧客の課題意識・要望を踏まえた上で、ユーザテストが「その課題・要望を満たすための方法」であることを強調することがポイントです。

これまでユーザテストを様々なシーンでご提案してきた経験から、ユーザテストがお客様の課題にマッチして「刺さる」パターンは大きく7つのパターンに分類しました。本稿では、それぞれご紹介していきます。

投稿日:
投稿者: 池田 朋弘

ユーザビリティテストはなぜ重要か


UXやUIデザインにおいて、欠かせない調査方法の一つがユーザビリティテストですが、「どんな調査か分からない」「大事なことはなんとなく分かるけど、しっかり説明できない」という方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ユーザビリティテストの重要性を語る上で、

  • ユーザビリティテスト(ユーザテスト)とは何か
  • ユーザビリティテストでは何が分かるのか(成功事例)
  • ユーザビリティテストでどのような実施方法があるか
  • ユーザビリティテスト(簡易テスト)をどのように行うのか(動画例あり)
  • ユーザビリティテストはWebマーケ現場でどのように活用されているか

について、ポップインサイトの考え方を順を追ってご紹介していきます。

投稿日:
投稿者: 池田 朋弘
ページ上部にもどる