ブログ

投稿者: yamadaの記事

【事例】マーケットやビジネスの観点だけではなく、ユーザー視点で解決策を考えるアクションにつながった

auコマース&ライフ株式会社
インタビュー
auコマース&ライフ株式会社
事業推進本部 マーケティング部
中川 卓様

事例PDFのダウンロード
業種・事業内容
インターネットサービス・通信/BtoC

総合ショッピングサイト「au PAY マーケット」等の企画・運営

支援テーマ
ユーザー視点で、新たな解決策を生み出す
背景・課題 ユーザーと向き合い、事業の新たな解決策を生み出していきたい
支援内容 UXリサーチャーをチームに配置し、UXリサーチを実施した
成果 ユーザー視点で解決策を考えるアクションにつながった

ユーザーと向き合うことで、事業の新たな解決策を生み出していきたい

---まず、ご担当者さまの部署のミッションと役割を教えてください。

auコマース&ライフ株式会社は、総合ショッピングサイト「au PAY マーケット」等の企画・運営をしています。マーケティング部のミッションは、マーケットの観点やビジネスの観点において、事業の実行計画を進めることです。そして、ツーサイドプラットフォーム(※)内のユーザーと向き合う部署でもあります。

今回のプロジェクトを立ち上げた背景には、マーケティングリサーチのメンバーと連携し、マーケットの観点やビジネスの観点に、さらにユーザー視点を合わせて、ユーザーと向き合うことで、事業の新たな解決策を生み出していきたいという思いがありました。

※ツーサイドプラットフォーム: 2つのグループを結び付けて(売り手・買い手など)、取引の場となる基盤や環境を構築し、提供するサービス

投稿日:
投稿者: yamada

【事例】ユーザーの声やニーズをスピーディーに把握・活用できるようになり、ソリューション開発の効率化につながった

大同生命保険株式会社
インタビュー
大同生命保険株式会社
共創戦略部 共創戦略課長
藤田 圭一様

事例PDFのダウンロード
業種・事業内容
金融・銀行/BtoB

支援テーマ
ソリューション開発の効率化
背景・課題 ・ユーザーを理解し、ソリューション開発に活かしたい
・企画・開発の各段階で、効果的かつ効率的にリサーチを行いたい

支援内容

UXリサーチャーをチームに配置し、効果的かつ効率的にUXリサーチを実施した
成果 ・ユーザーの声やニーズをスピーディーに把握・活用できるようになり、ソリューション開発の効率化につながった

常に複数のプロジェクトが走っているため、企画・開発の各段階で、効果的かつ効率的にリサーチできることが重要

---まず、ご担当者さまの部署のミッションと役割を教えてください。

大同生命保険株式会社は、経済的リスクにそなえる「生命保険」と、生命保険だけではカバーできない企業経営を取り巻くさまざまなリスクにそなえる各種サービスを、「経営支援」「健康支援」の観点からご提供しています。

共創戦略部のミッションは、コロナ渦での社会・お客様の価値観の変化を踏まえ、「新たなテクノロジー」と「パートナーとの協業」を通じて、お客様の利便性の向上を、従来以上にスピード感を持って実現することです。その中で私は、フィンテック(※)などの先端技術の動向や、同技術を活用した新規事業の調査・研究を担当しています。

※フィンテック:金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語で、金融サービスと情報技術を結びつけたさまざまな革新的な動きのこと

投稿日:
投稿者: yamada

【事例】ユーザーテスト結果から得られた改善施策をベースに、すぐに改善へと動くことができた

三井住友銀行株式会社
インタビュー
株式会社三井住友銀行
リテールマーケティング部
マーケティング企画グループ
武笠 あや子様

事例PDFのダウンロード
業種・事業内容
金融・銀行/BtoC・BtoB

支援テーマ
ユーザーテストのPDCAサイクルの強化
背景・課題 ・ユーザーテストのPDCAを早く回したい

支援内容

・UXリサーチャーをチームに配置し、ユーザーリサーチを実施した
成果 ・ユーザーテスト結果から得られた改善施策をベースに、すぐに改善へと動くことができた

デジタルでできることを増やしたり、利便性をあげることが急務

---まず、ご担当者さまの部署のミッションと役割を教えてください。

個人のお客さま向けの金融商品サービスのマーケティングを担当する部署にいます。コロナ禍をきっかけに店舗利用を控えるお客さまも増え、デジタルでできることを増やしたり、利便性をあげることが急務になっています。

投稿日:
投稿者: yamada

【事例】UX視点のワークショップや共有会の開催で、UXリサーチの知見が社内にさらに広まった

Chatwork株式会社
インタビュー
Chatwork株式会社
プロダクト本部 プロダクトデザイン部 デザイナー
仁科 智子様

事例PDFのダウンロード
業種・事業
インターネットサービス・通信 /BtoB

ビジネスチャット「Chatwork」の開発・運営
支援テーマ
ユーザーの声をプロダクトの利用体験に反映する
背景・課題 ・ユーザーを理解し、プロダクトの利用体験に活かしたい
・UXリサーチの知見があるメンバーが社内にまだ少ない

支援内容

・UXリサーチャーをチームに配置し、UXリサーチ、社内へのUXリサーチの啓蒙活動を実施した
成果 ・自社のリクルーティングではリーチできないセグメントのユーザーや、非ユーザーへのリサーチが可能になった
・プロダクトマネージャーやデザイナーが全員参加してインタビューログからインサイト分析をするワークショップや、社内向けのユーザビリティテストの結果共有会を実施した

ユーザーインタビューの実施やプロダクト改修前後のユーザビリティテストなど、今まで行えていなかったUXリサーチを定常的に実施することが不可欠

---まず、ご担当者さまの部署のミッションと役割を教えてください。

Chatwork株式会社は、中小企業向けのビジネスチャット「Chatwork」の企画・運営をしています。プロダクトデザイン部のミッションは、ユーザー課題やインサイトを深く理解し、ユーザーに寄り添ったプロダクト利用体験を磨き続けることです。

投稿日:
投稿者: yamada
ページ上部にもどる