ブログ

投稿者: okimotoyoshikoの記事

オンボーディングUXとは?初めてのユーザーをロイヤルカスタマーに変化させるプロセス

オンボーディングUXとはなにか?

ユーザーにプロダクトの価値や機能を説明して魅力を感じてもらい、スムーズに利用できるようサポートをする導入プロセスを「オンボーディング」といいます。

基本的に、オンボーディングは、ユーザーにプロダクトの使用方法を説明し、慣れ親しんでもらうためのプロセスであり、プロダクトを使い始めるために必要な指示や情報を提供します。

しかし、これは単にユーザーに説明やチュートリアルを提供すればよいということではありません。また、オンボーディングは、ユーザーの初回サインアップ後からプロダクトツアー(※)終了までの限られたプロセスではありません。

※プロダクトツアー:サービスの初回ログイン時などに使い方を教えてくれるガイド

投稿日:
投稿者: okimotoyoshiko

アトミックリサーチとは? 顧客インサイトをニーズに応じて使い分け活用しつづけるプロセス

本記事はDovetail社より許可を得て翻訳したものです。

元記事:” Atomic research: From reports to consumable insights

UXリサーチはいつも「レポートにまとめて終わり」になっていませんか?また、部署ごとでUXリサーチを実施しているため、部署間で知識が共有できていないということはありませんか?

海外では、UXリサーチを継続的に実施し続けるだけでなく、UXリサーチから得たインサイトを組織全体で共有し、活用し続けていくプロセスが広まってきています。

このプロセスは「アトミックリサーチ」と呼ばれます。

本稿では、「アトミックリサーチ」について、その開発者であるトマー・シャロン氏の言葉を含め、わかりやすく解説しているDovetail社のブログ記事” Atomic research: From reports to consumable insights”をご紹介します。

投稿日:
投稿者: okimotoyoshiko

DX成功のカギは「UX」

本記事はmillermedia7社より許可を得て翻訳したものです。

元記事:”User Experience and Digital Transformation: The Why, What, and How”, July 13, 2020


パンデミックにより、実店舗ビジネスの多くはオンラインへ移行し、その経営方法を全面的に見直さざるを得なくなっています。

しかし、デジタルトランスフォーメーション(DX)を成功させることは容易ではありません。従来型企業の多くは、新たな局面をどうにか乗り切ろうと努力していますが、どうすればDXを実現できるのか、また、DXがどのような変化をもたらすのかについて理解しているのは一部の企業だけです。

投稿日:
投稿者: okimotoyoshiko
ページ上部にもどる