UXリサーチを学ぶ

【視聴無料】『UXデザインの法則』発売記念!UXリサーチ力を向上させるデザイン心理学コトハジメ

【作成】2021/10/28 【更新】2021/11/10

UXリサーチをされている方やUXデザイナーの方は、「調査結果を納得してもらえない」「調査の共有をしたら感覚的な物言いで方向性を変えられてしまった」「デザインの狙いを理解してもらえない」などの苦い体験をされたことがあるのではないでしょうか。
そんな悩み多き皆様のUXリサーチにおいてよく起こる問題に「UXデザインの法則」が役立つかもしれません。

本セミナーでは、UXデザインに活用できる心理学の知見を集めた著書「UXデザインの法則」を翻訳した株式会社リクルートの反中望さん、松村草也さん、相島雅樹さんをお招きします。
UIデザインでよく知られるフィッツの法則から、最新の行動経済学/行動科学など、多様な心理学の知見がまとめられた本書の内容を解説しながら、心理学に基づいたUXリサーチの実践やリサーチ結果のUXデザインへの活かし方についてお話しいただきます。

ノンデザイナーの方や、UXリサーチ初心者の方も、現場ですぐに使えるヒントが盛りだくさんの内容をお届けいたします。

アジェンダ

1. 『UXデザインの法則』概説〜押さえておくべきデザイン心理学
『UXデザインの法則』で取り上げた10の法則をはじめ、UXデザイン・UXリサーチにおいて押さえておくべき心理学的な知見を紹介します。

2. デザイン心理学を実践に活かすには?
UXリサーチの実施や分析、リサーチ結果のチーム共有など、様々な実践の場でデザイン心理学の知識をどう活用するか、実例を交えてご紹介します。

3. Q&Aセッション
視聴者の皆様から寄せられたご質問にお答えしながら、議論を深めていきます。

※文言や一部内容は都合により変更になる場合がございます。

■こんな方におすすめ!

・これからUXリサーチ、UXデザインに取り組みたいと思っている方
・UXリサーチを実施したが、課題やつまずきがあった経験をお持ちの方
・周りにUXリサーチ、UXデザインについて相談する人がいないとお悩みの方

■登壇者のご紹介

反中 望さん

株式会社リクルート
プロダクト統括本部プロダクトデザイン室グループマネージャー

株式会社ビービットにて様々な企業のUXコンサルティングを行う中で、年間100人以上のユーザーリサーチを実施。

リクルート入社後は、データやAIとUXデザインの橋渡しや、デザイン組織作りに携わる。座右の銘は「三度の飯よりユーザー理解」。
note:https://note.com/tantot

松村 草也さん

株式会社リクルート
プロダクト統括本部プロダクトデザイン室グループマネージャー

直近は主にHR領域を中心としたサービスのUX改善・機能開発組織のマネジメントを担当。

相島 雅樹さん

株式会社リクルート
SUUMOリサーチセンター研究員

不動産や医療など、「情報の非対称性」のある領域における、ユーザー体験や行動変容に興味あり。住まいの認知や医療プロダクトの知財、クリニック経営などに実践的に携わる。noteで行動変容デザインその他について発信中。
note:https://note.com/aijilog

■『UXデザインの法則 ―最高のプロダクトとサービスを支える心理学―』

Jon Yablonski (著), 相島 雅樹 (翻訳), 磯谷 拓也 (翻訳), 反中 望 (翻訳), 松村 草也 (翻訳)
発売日:2021年5月18日(木)
https://www.amazon.co.jp/dp/4798167924
(電子版はこちらから:https://www.oreilly.co.jp/books/9784873119496/

本書は、著者Jon YablonskiがUXデザインと交差する心理学の法則をまとめたウェブサイト「Laws of UX」を元に構成されています。「意思決定にかかる時間は選択肢の数と複雑さで決まる」、「タッチターゲットに至るまでの時間はターゲットの大きさと近さで決まる」などの10の法則を、各章において、ポイント、概要、起源、事例、結論にまとめ紹介します。ノンデザイナーにもデザインセンスが求められる時代に欠かせないハンドブックです。

UXリサーチ内製化支援:UXリサーチャーオンデマンド(UXRO)の紹介資料

  • UXリサーチ担当者の採用や育成ができない
  • UXリサーチを行うための毎回の予算申請や稟議が大変
  • UX改善の有用性が立証できない
  • 定期的に調査を実施するサイクルを作りたい

このような課題の解決に向け「経験豊富なUXリサーチャー+使い放題のパネルの活用+ツール」により、圧倒的な価値を提供します!

投稿日:
投稿者: wada
ページ上部にもどる