UXリサーチを学ぶ

【視聴無料】ペルソナ浸透事例で読み解く!全社でUXリサーチを活かすatama plusが大切にすること

【作成】2021/10/26 【更新】2021/11/04

UXリサーチの価値や、事業の成長のためにはユーザーを理解することが不可欠であるという認識は広がっていますが、成果物が使われない・活用されないUXリサーチは意味を持ちません。UXリサーチを組織全体で活用するにはどうしたらよいでしょうか。

本ウェビナーでは、AIによる学習最適化サービスを提供するatama plus株式会社から、UX/UIデザイナーの野澤紘子さんと、沼田 歩実さんがご登壇。全社員がペルソナを使って会話ができるatama plus。UXリサーチを大切にするカルチャーや、UXリサーチへの全社員の巻き込み方について詳しくお伺いします。

■アジェンダ

  • イントロダクション
  • atama plusのUXリサーチ環境
  • atama plusはなぜここまでUXリサーチを大事にするのか
  • atama plusのUXリサーチャーに求められること
  • 全社員にUXリサーチの成果物を使ってもらうために大事にしている3つのこと

  ※文言や一部内容は都合により変更になる場合がございます。

■登壇者紹介

野澤 紘子さん

atama plus株式会社
UX/UIデザイナー
大学院でヒューマンコンピュータインタラクションを専攻し、在学中に米IDEOから人間中心設計について学ぶ。卒業後は「今までの当たり前を変えて社会を良くする」を探求してビジネス・アーキテクツ、コンサルティングファーム、リクルートでUXにまつわるキャリアを積む。2019年7月にatama plusにジョイン。ペルソナを始めとしたUXリサーチの全社への普及を行いながら、プロダクト開発を担っている。人間中心設計専門家。
Twitter: https://twitter.com/nozawabit
note: https://note.com/hiroko_nozawa

沼田 歩実さん

atama plus株式会社
UX/UIデザイナー
大学でビジュアルデザインを専攻し、卒業後はUX/UIデザイナーとしてプロダクト開発を経験。2018年11月、atama plusにジョイン。デザインシステムオーナーを担当しながら、UXリサーチにもとづくプロダクト開発を行っている。
Twitter: https://twitter.com/n_m_ta
note: https://note.com/n_m_t

■こんな方におすすめ!

・組織全体でUXリサーチを活用する事例を知りたい方
・社内でUXリサーチを実施したが、活用に課題があった経験をお持ちの方
・UXデザイン文化を社内に醸成したい、社内にUXリサーチ体制をつくりたいとお考えの方


UXリサーチ内製化支援:UXリサーチャーオンデマンド(UXRO)の紹介資料

  • UXリサーチ担当者の採用や育成ができない
  • UXリサーチを行うための毎回の予算申請や稟議が大変
  • UX改善の有用性が立証できない
  • 定期的に調査を実施するサイクルを作りたい

このような課題の解決に向け「経験豊富なUXリサーチャー+使い放題のパネルの活用+ツール」により、圧倒的な価値を提供します!

投稿日:
投稿者: wada
ページ上部にもどる