リモートユーザーテスト

ユーザー理解のための調査・分析・モデル化や、ユーザー視点によるサイトやアプリの現状課題分析、企画アイデア・改善案などの効果検証をプロジェクトベースでUX改善支援するサービスです。

サービス提供の背景

Webサイト改善を行おうと思っても「課題が分からない」「競合データが得られない」「社内理解がない」等の理由で、なかなか改善が進みません。

Webサイト改善のよくある課題

アクセス解析等の定量データに依存し、Webの現場感がないことがWebサイト改善が進まない主な原因です。

1.課題が分からない

アクセス解析をしても、結局何が問題か分からない/スマホ対応など、業界の動きが早すぎついていけない

2.競合データがない

競合サイトが成功してるのかが判断しづらい/競合サイトと比べた良し悪しを明確にしたいが、分からない

3.Webの社内理解がない

経営陣・上長のWeb理解が薄くWeb用語や数値で説明しても納得が得られない/担当者を育成したいが、ノウハウがない

サービス概要

明らかにしたいこと、目的をお伺いし、プロジェクトベースでのUX改善支援を行います。

主な提供調査

  • ユーザーテスト
  • インタビュー調査
  • アンケート調査
  • ヒューリスティック評価(認知的ウォークスルー)

調査アプローチ例「リモートユーザーテスト」

ターゲットに近しいユーザーに対して、現実的な状況におけるサイト利用シーンを観察することで、ユーザー心理や対象サイトの課題・改善余地を把握する手法です。

調査で得られるもの

  • 【ユーザーの心理】関心事/訴求点/先入観/疑問・不安/不理解・不納得/誤認
  • 【UI課題・サイト課題】導線不足/強調不足/文章可読性/操作性/入力・選択/反応不足

調査の流れ(例)

  • モニタ募集
  • 調査設計
  • 調査実施
  • 結果分析
  • レポート作成
  • 納品

レポート納品物(例)

レポート(例)

  • 全体結果のほか、課題一覧やユーザー別の発見点一覧などをご用意しております。

調査動画(例)

  • 専用のリサーチ管理システムにより、調査動画の見せたい箇所をすぐに共有できます。

▶システムサンプル画面はこちら

事例

【ご支援事例】オンライン英会話「レアジョブ」が行う、最速でサイトを改善する方法

【ご支援事例】組織にUXデザインを浸透させる・NTTコミュニケーションズの顧客志向経営

Webサイト改善によるCVR改善

  • 自動車保険代理店のWebサイト 資料請求数 10倍
  • 派遣の求人ポータルサイト 会員登録 4倍
  • オフィス向け賃貸仲介サイト 申込率 1.5倍
  • 通信教育講座のWebサイト ウェブ申込率 1.8倍
  • 大手銀行の住宅ローンWebサイト ネット月間申込数 1.5倍

LP改善によるCVR改善

  • レーシッククリニックのLP 無料診断申込率 3.2倍
  • 消費者金融のLP 仮審査申込数 1.2倍
  • 葬儀サービスのLP 資料請求率 2.3倍
  • 短期大学の資料請求向けLP 資料請求率 2.6倍
  • 大手銀行の住宅ローンのLP 申込ページ送客率 1.7倍
  • 資料DLとお問い合わせ

    ご相談は無料です。貴社のご要望に応じて、様々な調査手法を用いた調査設計をご提案いたします。

    サービス資料のダウンロード(無料) サービスに関するお問い合わせ
    ページ上部にもどる