"アジャイル
UXリサーチ"
を始めよう

ユーザ視点の高速PDCAで
ビジネス成果を創出
(アジャイルUXリサーチとは?)

ニュースリリース

2020-10-01 ポップインサイトカンパニー 株式会社メンバーズとの合併に関するお知らせ

セミナー情報

【オンライン】なぜサービスリニューアルは難しいのか?既存サービスの価値を損なわせないデザイン (1月26日)

既存サービスのリニューアルにおけるサービスデザインは、既存の価値が損なわれないようにすること、新規・既存のユーザーそれぞれを考慮しなければならない等、新規事業のサービスデザインとは違い複雑で難しさを伴います。

本セミナーでは、株式会社ミミクリデザインのエクスペリエンスデザイナー瀧 知惠美さんがご登壇します。

同社では、オンラインプログラム「WORKSHOP DESIGN ACADEMIA」のリニューアルプロジェクト第1段として、経営・マネジメント、デザイン、学習・人材育成、ファシリテーションに関する最新の実践知を発信するメディア「CULTIBASE」を2020年8月にスタート。サービスを段階的に移行させる、まさに過渡期のフェーズにあります。

瀧さんには、同サイトのサービスデザインにたずさわったご経験から、サービスリニューアルで注意すべきポイントや取り組みの姿勢について、事例を交えお話しいただきます。


【オンライン】プロジェクトの成功確率やクオリティを上げるための意外と知らない「プロトタイピング」 (1月21日)

問題解決のための思考法の一つ、デザイン思考のプロセスにおける「プロトタイピング」。プロトタイピングは行えば行うほど、プロジェクトの成功確率やクオリティが上がるという研究結果もあります。
しかし、「プロトタイピング」という手法を深く理解できる機会は少なく、目的に沿って適切に使い分けたり、活用できているという方は多くありません。

本セミナーでは、Tsukuru to Ugoku Design 株式会社 代表、慶應義塾大学 大学院で「プロトタイピング」をテーマとした研究者でもある三冨 敬太さんがご登壇。三冨さんは同社で、プロトタイピングやデザイン思考を活用した新規事業開発支援やデジタルソリューションのデザインを手がけていらっしゃいます。

デザイン思考プロセスの中でも、あまり深く語られる機会が少ない「プロトタイピング」について、直近の研究事例も交えつつ、アカデミックと実務を行き来する三冨さんならではの活きた知見をお伺いします。


【オンライン】短期間で新規事業/サービスアイデアを生む「フリースタイルなUX思考」 (1月19日)

よりよいサービス・新規事業を生み出す際に重要なのは、さまざまな職種/役割のステークホルダーと共通認識を持ってスムーズに連携すること。その際に有用なのが、UXをすばやくデザインし共有することです。
しかし、UXをすばやくデザインし、それを浸透させながら異なる専門性の人と連携し、上手く実行に移すという点に課題を感じる方も多いのではないでしょうか。

本セミナーでは、株式会社フライング・ペンギンズ COO 土屋 晃胤さんがご登壇。土屋さんは、「PlayStation🄬4」にプロダクトマネージャーやUXデザイナーとして関わり、独立後も(株)オンワード樫山やスタートアップなどのサービスリニューアルや事業立ち上げを支援していらっしゃいます。

土屋さんには、チームで並列/リアルタイムにUXやサービスモデルなどを高速にデザインし同期していく「フリースタイルなUX思考」をご紹介いただきます。「フリースタイルなUX思考」は、ステークホルダーとの連携不足やサービスや事業モデルのデザインの具体化が進まないという課題へのアプローチのひとつとして、土屋さんたちが提唱している思考法です。現場での事例やエピソード満載の、実践的なノウハウを得たい方におすすめのセミナーです。


YouTube「ポップンチャンネル」で過去のUXリサーチセミナーを公開中!ぜひ登録してね!

→「ポップンチャンネル」はこちら

ピックアップ・コンテンツ

→コンテンツの一覧

アジャイルUXリサーチのご支援事例

スプリント開発におけるユーザリサーチを効率化
パーソルキャリア様(求人メディア運営)

新サービス開発サイクルにUXリサーチャを導入
NTTレゾナント様(自社アプリの開発)

日常の業務サイクルで4種類のUXリサーチを活用
クックパッド様(メディア運営)

UXリサーチ体制を一緒に構築
キュービック様(課題解決メディア運営)

→事例の一覧