【オンライン】データサイエンティストを目指す方必須!UXデザインを活用した仮説から考えるデータ分析とは?


営業支援AIシステムの開発や、日本初のAIニュースメディア「AINOW」の立ち上げ〜グロース、AIに特化したアクセラレータープログラム「AI.accelerator」にて技術担当のメンターを務めるなど、AI領域で活躍される傍ら、UXデザインの専門家でもある亀田氏。
AI/RPA/営業DX領域での登壇実績も多数。
データ/AI領域においても、UXの考え方が重要であることを、自身が経験した失敗談も含めてお話しいただきます。

セミナー内容

■セミナー内容
━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. データ分析におけるUXデザインとは?
2. dipのAI開発でUXを考慮せずに失敗した事例
3. ユーザファーストは分析においても必要
4. 仮説検証の方法
5. 質疑応答(事前に募集した質問にご回答頂きます)


■本セミナーの対象
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・データ分析者の方
・定量データだけでなく、定性も考慮した課題解決の必要性を感じている方
・AI開発やデータ分析で結果が説明できずに困っている方
・分析に必要なデータ取得に困っている方
・新しい分野でのUXデザインの活用方法を学びたい方
・ロジカルシンキングにおける仮説(アブダクション)について学びたい方
・自分自身のUX改善スキルを高めたい方


■スピーカー
━━━━━━━━━━━━━━━━━
ディップ株式会社 dip Robotics 室長
亀田 重幸氏



・2007年 株式会社イーエンジン入社。プログラマー/インフラエンジニアを担当。
・2010年 バイトルのiOS/Androidアプリ企画立案、ディレクターとPMを担当。
・2013年 新規事業立ち上げに従事、年間30以上のサービス検証を行う。
・2018年 AI/RPA開発責任者として、社内にテクノロジードリブンなサービス開発を取り入れる。
・2019年 社内DX責任者として、業務改革に従事。



■日時
━━━━━━━━━━━━━━━━━
2020年2月10日(月)18:00-19:30
※17:50からアクセス可能
※参加費:無料


申込みはこちら


■ 複数名でご参加の場合、お手数をおかけいたしますが、フォームを更新いただきそれぞれの情報をご記入ください。( 同一メールアドレスでの登録は、1名様までしかできません。)


※本応募フォームで取得した回答内容および個人情報は、株式会社ポップインサイト、株式会社メンバーズグループ各社、およびディップ株式会社がお取扱いいたします。
株式会社メンバーズの個人情報保護方針はこちらをご覧ください。

日程

2020年 2月 10日 18時 スタート

関連情報

ユーザビリティテストはなぜ重要か

UXやUIデザインにおいて、欠かせない調査方法の一つがユーザビリティテスト。「どんな調査かわからない」「大事なことはなんとなく分かるけど、しっかり説明できない」という疑問にお答えします。


ヒートマップツールで分かること・分からないこと

ウェブ解析の現場で「ヒートマップ」を使うケースが増えていますが、期待値が高まりすぎている面も。ヒートマップで「何がわかり」「何がわからないか」を整理します。


実践的プロトタイピング手法~「どこまで」「誰が」「どうやって」作るべきか

UXプロセスに欠かせない「プロトタイピング」。「なぜ重要か?」「どこまで作るべきか?」「誰が作るべきか?」などの実践的な内容をご紹介します。



Youtubeチャンネルで過去のUXリサーチセミナーを公開中!ぜひ登録してね!

→Youtubeチャンネルはこちら