【オンライン】データ活用はデータ以外の部分で勝負が決まる 楽天のアナリストが語る データから価値を生むために必要なこととは


「データ活用人材」というと、どんな人をイメージするでしょうか? 
統計や数学に明るい、pythonで機械学習を実装でき、AIを開発できる、社内のデータ構造を熟知している、SQLをごりごり書いて欲しいデータを自在に引き出せる、BIツールに精通している…。どれもデータ活用のためには役に立つスキルです。
しかし、データからビジネス価値を生むには、それとはまた違った力や考え方が必要です。

楽天で膨大なデータと多数のステークホルダーと関わりながら、違う立場の人たちと一緒にデータからビジネス価値を生む取り組みを推進してきた甘粕氏に、実体験から得た貴重な学びをお話しいただきます。

セミナー内容

■セミナー内容
━━━━━━━━━━━━━━━━━
データ活用はデータ以外の部分で勝負が決まる
1. これまでのキャリア
2. データの可能性と限界について感じていること
3. データから価値を生むために必要なこととはなにか
4. これからデータの活用を推進していきたいと思っている方に伝えたいこと


■本セミナーの対象
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・データ環境構築やデータ活用推進に取り組んでいる/取り組んでみたい方
・サービスを改善するうえで、データというものに疑問や限界を感じている方
・データにまつわるスキルや人材が、組織内で軽視されていると感じている方
・CX/UXとデータの融合の必要性を強く感じている方


■スピーカー
━━━━━━━━━━━━━━━━━
楽天株式会社 エコシステム戦略統括部 メンバーシップ部
データソリューションチーム アシスタントマネージャー
甘粕 貴大 氏



・2016年4月、楽天株式会社に新卒で入社。
主にサードパーティーツールを利用した、各事業ごとのウェブ解析環境の導入や、収集したデータを用いた分析サポート業務に従事。
・2018年からは、内製化されたウェブ解析環境の導入を推進するとともに、CX/UXを統括する部署にも籍を置き、ユーザーインタビュー等の定性的なデータの収集や意味付けにも携わる。
・2019年、現所属のメンバーシップ部に異動。
楽天経済圏の更なる拡大に向けて、サービス横断でのデータの統合/可視化を推進中。


■日時
━━━━━━━━━━━━━━━━━
2020年2月14日(金)18:00-19:30
※17:50からアクセス可能
※参加費:無料


申込みはこちら


■ 複数名でご参加の場合、お手数をおかけいたしますが、フォームを更新いただきそれぞれの情報をご記入ください。( 同一メールアドレスでの登録は、1名様までしかできません。)


※本応募フォームで取得した回答内容および個人情報は、株式会社ポップインサイト、株式会社メンバーズグループ各社、および楽天株式会社がお取扱いいたします。
株式会社メンバーズの個人情報保護方針はこちらをご覧ください。

日程

2020年 2月 14日 18時 スタート

関連情報

ユーザビリティテストはなぜ重要か

UXやUIデザインにおいて、欠かせない調査方法の一つがユーザビリティテスト。「どんな調査かわからない」「大事なことはなんとなく分かるけど、しっかり説明できない」という疑問にお答えします。


ヒートマップツールで分かること・分からないこと

ウェブ解析の現場で「ヒートマップ」を使うケースが増えていますが、期待値が高まりすぎている面も。ヒートマップで「何がわかり」「何がわからないか」を整理します。


実践的プロトタイピング手法~「どこまで」「誰が」「どうやって」作るべきか

UXプロセスに欠かせない「プロトタイピング」。「なぜ重要か?」「どこまで作るべきか?」「誰が作るべきか?」などの実践的な内容をご紹介します。



Youtubeチャンネルで過去のUXリサーチセミナーを公開中!ぜひ登録してね!

→Youtubeチャンネルはこちら