【オンライン】もう悩まない!定量も定性も!ユーザデータ徹底活用法


Google Analyticsといった定量データ分析ツールでユーザの動きはどんどん見えるようになりましたが、実際に「なぜ」その行動をしたのかまでは見えません。
ユーザの本質を探るにはデータログの壁の向こうへ越えなければ、本質的な改善に繋げるのは難しいです。
本セミナーでは、コンテンツプラットフォームを運営するピクシブ株式会社にWebエンジニアとして入社し、試行錯誤を経て現在は社内初のUXリサーチャーを兼務している森田洋介さんに「職種を限定しないユーザデータの使いこなし方・リサーチへの向き合い方」についてお話いただきます。

セミナー内容

■セミナー内容
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・自己紹介
・会社紹介
・UXリサーチャーを担当するまでの試行錯誤
・定量・定性リサーチのマッシュアップのススメ
・質疑応答

■本セミナーの対象
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・仕事の幅を広げたいWebエンジニア・プロダクトマネージャー
・データ分析に興味のあるUXリサーチャー
・定性リサーチに興味のあるデータアナリスト
・そのほかユーザーデータ活用・UX改善に興味のある方


■スピーカー
━━━━━━━━━━━━━━━━━
ピクシブ株式会社 エンジニア兼UXリサーチャー 森田洋介氏



受託開発会社を経て、Webエンジニアとしてピクシブ株式会社に2015年中途入社。
現在はエンジニアリングとUXリサーチの二足わらじで、ユーザインタビューからデータ分析・データ活用基盤の整備まで、領域横断的な動き方をしている。

■日時
━━━━━━━━━━━━━━━━━
2020年3月17日(火)18:00-19:00
※17:50からアクセス可能
※費用は無料です


申込みはこちら




日程

2020年 3月 17日 18時 スタート

関連情報

ユーザビリティテストはなぜ重要か

UXやUIデザインにおいて、欠かせない調査方法の一つがユーザビリティテスト。「どんな調査かわからない」「大事なことはなんとなく分かるけど、しっかり説明できない」という疑問にお答えします。


ヒートマップツールで分かること・分からないこと

ウェブ解析の現場で「ヒートマップ」を使うケースが増えていますが、期待値が高まりすぎている面も。ヒートマップで「何がわかり」「何がわからないか」を整理します。


実践的プロトタイピング手法~「どこまで」「誰が」「どうやって」作るべきか

UXプロセスに欠かせない「プロトタイピング」。「なぜ重要か?」「どこまで作るべきか?」「誰が作るべきか?」などの実践的な内容をご紹介します。



Youtubeチャンネルで過去のUXリサーチセミナーを公開中!ぜひ登録してね!

→Youtubeチャンネルはこちら