【オンライン】Uber流!UXリサーチ結果のデザイン・プロダクト・意思決定への活かし方


配車サービスで一躍ユニコーン企業にも選ばれたUber。そのサービスは今までのタクシーでは埋められなかったユーザのニーズをうまくつかみ、爆発的に広まりました。
本セミナーではUberでシニアUXリサーチャーとして活躍中のJing Jingさんに「Uberではどのように調査で得られたユーザインサイトをデザイン・プロダクト・ビジネスの意思決定に活用しているか」についてお話いただきます。

セミナー内容

■セミナー内容
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・リサーチにおけるステークホルダーと主なニーズ
・定量調査vs定性調査のインサイト
・デザイン、プロダクト、意思決定にインサイトをどう活用するか
・ケーススタディ
・質疑応答

■本セミナーの対象
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・UX/UIデザイナー
・UXリサーチャー
・事業開発部の方
・事業戦略部の方
・プロダクトマネジャー
・エンジニア
・データアナリスト
・そのほかユーザーデータ活用・UX改善に興味のある方


■スピーカー
━━━━━━━━━━━━━━━━━
Uber シニアUXリサーチャー Jing Jing氏



ハーバード教育学大学院教育学修士(Masters of Education from Harvard Graduate School of Education)を修了し、卒業後はトロントの急成長中のスタートアップでユーザインサイトについてキャリアを積む。
現在はUberのシニアUXリサーチャーとして活躍。
会社とユーザの橋渡し役となりながら、プロダクトを構築したりイノベーションに向けた最適化を行う。

■日時
━━━━━━━━━━━━━━━━━
2020年3月26日(木)12:00-13:30
※11:50からアクセス可能
※費用は無料です
※和訳付です


申込みはこちら




日程

2020年 3月 26日 12時 スタート

関連情報

ユーザビリティテストはなぜ重要か

UXやUIデザインにおいて、欠かせない調査方法の一つがユーザビリティテスト。「どんな調査かわからない」「大事なことはなんとなく分かるけど、しっかり説明できない」という疑問にお答えします。


ヒートマップツールで分かること・分からないこと

ウェブ解析の現場で「ヒートマップ」を使うケースが増えていますが、期待値が高まりすぎている面も。ヒートマップで「何がわかり」「何がわからないか」を整理します。


実践的プロトタイピング手法~「どこまで」「誰が」「どうやって」作るべきか

UXプロセスに欠かせない「プロトタイピング」。「なぜ重要か?」「どこまで作るべきか?」「誰が作るべきか?」などの実践的な内容をご紹介します。



Youtubeチャンネルで過去のUXリサーチセミナーを公開中!ぜひ登録してね!

→Youtubeチャンネルはこちら