【オンライン】集英社・雑誌デジタル編集室 部長が語る データアナリストとの上手な付き合いかた


「レポートは作られているけど施策に結びつかない」、「データからコンテンツに繋がる示唆を得られないか」。
今回のスピーカーの岩瀬氏が一年前に持っていた課題です。そこから専任のデータアナリストをチームに迎え、改善を進めてきました。
本セミナーでは、岩瀬氏が実際に行ったこと、考えてきたことから、データアナリストの価値を引き出しデータを施策に繋げるために必要なことをお話して頂きます。

セミナー内容

■セミナー内容
━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. アナリストをアサインする前にやるべきこと
2. 「固有の事情」を理解してもらう
3. どこまでがアナリストの仕事なのか?
4. 自分自身、アナリスト自身もPDCAの対象
5. 質疑応答


■本セミナーの対象
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・「ビッグ」というほどではないデータを扱う方
・データ分析者をマネジメントしている方/協働している方
・データ分析者の方
・データを活用したコンテンツ作りをしたい方
・レポートが施策につながらず悩んでいる方

■スピーカー
━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社集英社
雑誌デジタル編集室 部長
岩瀬 朗 氏



■日時
━━━━━━━━━━━━━━━━━
2020年3月26日(木)18:00-19:30
※17:50からアクセス可能
※参加費:無料


申込みはこちら


■ 複数名でご参加の場合、お手数をおかけいたしますが、フォームを更新いただきそれぞれの情報をご記入ください。( 同一メールアドレスでの登録は、1名様までしかできません。)


※本応募フォームで取得した回答内容および個人情報は、株式会社ポップインサイト、株式会社メンバーズグループ各社、株式会社集英社がお取扱いいたします。
株式会社メンバーズの個人情報保護方針はこちらをご覧ください。

日程

2020年 3月 26日 18時 スタート

関連情報

ユーザビリティテストはなぜ重要か

UXやUIデザインにおいて、欠かせない調査方法の一つがユーザビリティテスト。「どんな調査かわからない」「大事なことはなんとなく分かるけど、しっかり説明できない」という疑問にお答えします。


ヒートマップツールで分かること・分からないこと

ウェブ解析の現場で「ヒートマップ」を使うケースが増えていますが、期待値が高まりすぎている面も。ヒートマップで「何がわかり」「何がわからないか」を整理します。


実践的プロトタイピング手法~「どこまで」「誰が」「どうやって」作るべきか

UXプロセスに欠かせない「プロトタイピング」。「なぜ重要か?」「どこまで作るべきか?」「誰が作るべきか?」などの実践的な内容をご紹介します。



Youtubeチャンネルで過去のUXリサーチセミナーを公開中!ぜひ登録してね!

→Youtubeチャンネルはこちら