【オンライン】定量×定性ですすめるユーザ理解~メルペイ&Retty事例


サービスや商品のグロースには深いユーザ理解が不可欠です。ユーザ理解のための手法であるデータ分析とUXリサーチは相互に補完関係にあります。

本セミナーでは、メルペイのUXリサーチャー松薗さん、Rettyのデータアナリスト平野さんのお二方がご登壇。松薗さんは副業で、Rettyでの定性調査をお手伝いされており、同社の平野さんと共にUXリサーチの取り組みをしてきた背景があります。
お二方には、 メルペイ、Retty各社での取り組み事例 だけでなく、 「UXリサーチャーとデータアナリスト」として協働した際のお話 をパネルディスカッション形式でお伺いします!

セミナー内容

■セミナー内容
━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. メルペイでの定性×定量の補完的アプローチ事例(松薗さん)
2. Rettyにおける定量/定性データを活用した意思決定事例(平野さん)
3. パネルディスカッション  ※お二人への質問を応募フォームで募集中!
4. 質疑応答
 

■本セミナーの対象
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・自社のUXリサーチ体制を改善したいとお考えの方
・定量調査をしているが定性調査(ユーザテストなど)も取り入れたいとお考えの方
・より深くユーザ理解をしたいとお考えの方



■登壇者
━━━━━━━━━━━━━━━━━
松薗 美帆
株式会社メルペイ デザインチーム/UXリサーチャー



ICUで文化人類学を専攻し、2014年株式会社リクルートジョブズへ新卒入社。HR領域のデジタルマーケティング、プロダクトマネージャーを経てUXリサーチチームの立ち上げを経験。2019年より株式会社メルペイにUXリサーチャーとしてジョイン。JAIST博士前期課程在学中。


平野雅也
Retty株式会社 データ分析チーム/マネージャー/データアナリスト


2013年にRettyにインターンでジョインし翌年に新卒入社する。入社3年はバックエンドエンジニア、プランナーとしてプロダクトグロースを担当。2018年にデータ活用の需要が高まったことから組織横断的なデータ分析と、基盤の開発/運用を担うチームを立ち上げる。現在は定量データだけではなく定性データの活用も進めるべくUXリサーチの浸透を進めている。



■日時
━━━━━━━━━━━━━━━━━
2020年4月27日(月)19:00-20:30
※18:50からアクセス可能

■参加費
━━━━━━━━━━━━━━━━━
無料


申込みはこちら


* 複数名でご参加の場合、お手数をおかけいたしますが、フォームを更新いただきそれぞれの情報をご記入ください。( 同一メールアドレスでの登録は、1名様までしかできません。)


※本応募フォームで取得した回答内容および個人情報は、株式会社ポップインサイト、株式会社メンバーズグループ各社、および登壇者がお取扱いいたします。
株式会社メンバーズの個人情報保護方針はこちらをご覧ください。

日程

2020年 4月 27日 19時 スタート

関連情報

ユーザビリティテストはなぜ重要か

UXやUIデザインにおいて、欠かせない調査方法の一つがユーザビリティテスト。「どんな調査かわからない」「大事なことはなんとなく分かるけど、しっかり説明できない」という疑問にお答えします。


ヒートマップツールで分かること・分からないこと

ウェブ解析の現場で「ヒートマップ」を使うケースが増えていますが、期待値が高まりすぎている面も。ヒートマップで「何がわかり」「何がわからないか」を整理します。


実践的プロトタイピング手法~「どこまで」「誰が」「どうやって」作るべきか

UXプロセスに欠かせない「プロトタイピング」。「なぜ重要か?」「どこまで作るべきか?」「誰が作るべきか?」などの実践的な内容をご紹介します。



Youtubeチャンネルで過去のUXリサーチセミナーを公開中!ぜひ登録してね!

→Youtubeチャンネルはこちら