【オンライン】UXリサーチの必要性、どう語る? UXリサーチ共有会vol.3


「UX(User eXperience=顧客体験)」という概念がアメリカで生まれてから約60年。日本でも近年「UX」の重要性は認知され、UX向上を目指してユーザテストやインタビューといったUXリサーチを実施する企業も増えつつあります。

しかし、いざUX向上のために社内でUXリサーチの重要性を訴えても、理解してもらうのは簡単ではありません。

・「社内にリサーチを普及したい」
・「UXコミュニティを拡大したい」
・「クライアントへUXリサーチ導入を推進したい」

6月のUXリサーチ共有会は、このような想いでUXリサーチの必要性を語り、周囲の理解を得た経験をお持ちの3名をお招きします。三者三様の取り組みについて、事例を交えてライトニングトーク形式でお話いただきます!

セミナー内容

■セミナー内容
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・LT1:理解と共感からはじめるUXデザイン
・LT2:東海地方におけるUXデザイン普及の取り組み
・LT3:ミニマムに導入するリサーチ手法と整理
・全体質疑


■こんな方におすすめ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・UXリサーチ体制の構築にお悩みの方
・社内外でUXの取り組みを行っている方


■スピーカー
━━━━━━━━━━━━━━━━━
■LT1:理解と共感からはじめるUXデザイン



中井 潤 株式会社ニジボックス UI/UX制作室 UXグループ マネジャー

UXデザイン領域のコンサルティング事業の拡販などから、全社MVPを獲得。
2017年より、新規事業開発や既存事業改善の豊富な知見を持った技術者を招集し、UXデザインの専門機関を組織。現在も数多くのクライアントワークに従事しながらデザイン知見を蓄積。
イベント登壇などでのフィードバックを続けることで、日本のUX業界全体のデザインリテラシー醸成に専心している。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■LT2:東海地方におけるUXデザイン普及の取り組み



加藤公一 HCD-Net理事 東海支部長 UXリサーチャー

メーカーに入社しソフトウェアの品質保証に携わりユーザビリティ評価などを担当。その後UXデザインの実施や全社推進に従事。またHCD-NetやUX名古屋にてUXデザインの普及活動に尽力。HCD-Net理事、東海支部 支部長。HCD-Net認定 人間中心設計専門家。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■LT3:ミニマムに導入するリサーチ手法と整理



村治泰広 株式会社i-plug UX/UIデザイナー 

受託開発を経験したのち2019年に株式会社i-plug入社。新規事業チームのリサーチワークやUIデザインに従事。2020年4月から既存サービスのデザイナーチームリーダーを兼任し、リサーチ計画や改善に取り組んでいる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※敬称略


■タイムスケジュール
━━━━━━━━━━━━━━━━━



■日時
━━━━━━━━━━━━━━━━━
2020年6月17日(水)19:00-20:15
※18:50からアクセス可能

■参加費
━━━━━━━━━━━━━━━━━
無料

■注意事項
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・本イベントはウェビナー形式での配信を予定しております。
・ご登録頂いたアドレス宛にご応募いただいた方へ参加用のURLをお送りします。



申込みはこちら


※ 複数名でご参加の場合、お手数をおかけいたしますが、フォームを更新いただきそれぞれの情報をご記入ください。( 同一メールアドレスでの登録は、1名様までしかできません。)


※どのような参加者がいらっしゃるか登壇者の参考とするため部署・役職をご記載いただいております。氏名や社名など個人が特定できる形では共有しませんのでご安心ください。

※ご登録頂いた情報から、個別でコンタクトさせていただく可能性がございます。予めご了承ください。

※本応募フォームで取得した回答内容および個人情報は、株式会社ポップインサイト、株式会社メンバーズグループ各社、および登壇者がお取扱いいたします。

株式会社メンバーズの個人情報保護方針はこちらをご覧ください。

日程

2020年 6月 17日 19時 スタート

関連情報

ユーザビリティテストはなぜ重要か

UXやUIデザインにおいて、欠かせない調査方法の一つがユーザビリティテスト。「どんな調査かわからない」「大事なことはなんとなく分かるけど、しっかり説明できない」という疑問にお答えします。


ヒートマップツールで分かること・分からないこと

ウェブ解析の現場で「ヒートマップ」を使うケースが増えていますが、期待値が高まりすぎている面も。ヒートマップで「何がわかり」「何がわからないか」を整理します。


実践的プロトタイピング手法~「どこまで」「誰が」「どうやって」作るべきか

UXプロセスに欠かせない「プロトタイピング」。「なぜ重要か?」「どこまで作るべきか?」「誰が作るべきか?」などの実践的な内容をご紹介します。



Youtubeチャンネルで過去のUXリサーチセミナーを公開中!ぜひ登録してね!

→Youtubeチャンネルはこちら