【8名限定】CV10倍を実現!ビジネスを成功に導くユーザテストツール活用法


ウェブサイト・スマホアプリの制作現場では、ユーザの「生の声」を収集する手段として、近年「ユーザテスト」が注目を集めています。ユーザテストを通じてサイトやアプリの改善に繋がるような気付き・発見を得るためには、場面に応じて適切なツールを選び、効果的な方法で活用するノウハウが必要です。

本セミナーでは、ユーザテストの基礎から、ユーザテストのご活用事例、デモンストレーションまでを60分でご紹介します。

セミナー内容

■内容
━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1) ユーザテストを基にしたウェブ改善事例のご紹介
(2) ポップインサイトが提供するツール群のご紹介
(3) ユーザテストExpressのデモ・ハンズオン(https://usertesting.jp/express/
(4) ABテストExpressのデモ・ハンズオン(https://usertesting.jp/express/ab_test
(5) 質疑応答

■本セミナーの対象
━━━━━━━━━━━━━━━━━
本無料セミナーでは、以下の方を対象としております

・Webやアプリのビジネス成果向上を実現したい方

・ユーザリサーチツール「ユーザリサーチExpress」(https://usertesting.jp/express/)に興味がある方

・ユーザテストをはじめとするユーザリサーチについて学びたい方

■スピーカー
━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社ポップインサイト
取締役CMO 武久 陽亮

奈良県出身。早稲田大学卒業後、トレンダーズ株式会社入社。大手企業の戦略PRや自社の新規事業に従事。
2016年8月、株式会社ポップインサイト取締役CMO就任。


・ポップインサイトの自社Webマーケティング
→問い合せ数3倍、リード獲得数月100件を新規構築

・人材系メディアのSEO設計~UX設計
・大手会員との新事業立ち上げ
・個人として月間10万UUのWebメディアを運営

■日時
━━━━━━━━━━━━━━━━━
7月18日(火)16:30-17:30
※16時15分開場。16:30スタートとなります。

■場所
━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京都渋谷区宇田川町36-6 ワールド宇田川ビル4階

■ 渋谷駅(ハチ公口)より徒歩6分
※ 東急ハンズの手前「伝説のすた丼屋」の向いのビル。
「100円ショップ キャン・ドゥ」の赤い看板が目印のビルです。
エントランスは「L&L HAWAIIAN DINING CAFE」側からお回りください。

■お持ち物
━━━━━━━━━━━━━━━━━

1)インターネットに接続可能なPC (WiFiは会場にございます)
※ご持参が難しければ弊社にてお貸し出し致しますのでご連絡くださいませ。

2)お名刺

■ご準備のご依頼
━━━━━━━━━━━━━━━━━

また、当日の限られた時間を有効活用するために、可能な範囲で以下2点ご準備頂けますと幸いです(10分程度)。

1. ユーザテストを実施したいウェブサイトの選定

ユーザテストとは、ユーザが特定のウェブサイトを使っている様子を動画・音声で記録し、
その結果を観ながら、ウェブサイトの改善ポイントの検討を行うものです。

本セミナーでは、実際に皆様が普段運営に携わっているウェブサイトについて、
ユーザテストを当社ツールで依頼頂くまでの流れをご説明します。

その際、調査対象の URL をご準備頂く必要がありますので、何か 1 つご用意ください。
自社のサイトでも結構ですし、競合他社の URL でも構いません。

2. ユーザテストを実施したいモニタ条件の検討

1. について、どのようなモニタに動画を撮影してもらいたいか、
モニタの選定条件を決めて頂く必要がございます。

レシピサイトなら ⇒「最近3ヶ月以内にレシピサイトを閲覧したことがある」
登山情報サイトなら ⇒ 「登山に興味があり、登山情報をネットで検索したことがある」

など、1. で選ばれたサイトについて、どのようなモニタに見てもらいたいかご検討ください。

日程

2017年 7月 18日 16時 30分 スタート

日程が合わない方は個別セミナー開催等のご相談も可能です。お気軽にお問合せください。

関連情報

ユーザビリティテストはなぜ重要か

UXやUIデザインにおいて、欠かせない調査方法の一つがユーザビリティテスト。「どんな調査かわからない」「大事なことはなんとなく分かるけど、しっかり説明できない」という疑問にお答えします。


ヒートマップツールで分かること・分からないこと

ウェブ解析の現場で「ヒートマップ」を使うケースが増えていますが、期待値が高まりすぎている面も。ヒートマップで「何がわかり」「何がわからないか」を整理します。


実践的プロトタイピング手法~「どこまで」「誰が」「どうやって」作るべきか

UXプロセスに欠かせない「プロトタイピング」。「なぜ重要か?」「どこまで作るべきか?」「誰が作るべきか?」などの実践的な内容をご紹介します。