「点」と「線」〜ユーザリサーチ と ビジネスデザイン〜 事業開発におけるリサーチの大切さ+あなたのビジネス戦略にデザインを取り入れる作法


※大変申し訳ございません、ご好評につき定員に達しまして受付終了となりました。
 次回の開催ご案内をお待ちいただけますでしょうか、何卒ご容赦くださいませ。


■ポップインサイト+株式会社POINT EDGE 共催セミナー

・事業開発、サービス開発におけるニーズ探索にユーザリサーチがなぜきくか。
・経営や新規事業の問題解決に「ビジネスデザイン 」的思考を取り入れるには。

2つのイシューを線と点の視座でお伝えする2社共催セミナーです。
両社の得意領域、どちらか一方でもニーズがある方でしたらぜひご参加をおすすめします。

リサーチ会社ポップインサイトが事業開発の成功確度を高めるためのリサーチ必要性について、あたらしい気づきをご提供します。
渋谷を拠点にしビジネスデザインがドメインのPOINT EDGEが主に新規事業担当者のためのデザイン手法をご紹介します。
今回の共催セミナーでは、サービス開発や事業開発に携わる関係者、社内起業を予定されている方などのご参加をお待ちしております!

セミナー内容

■2社のソリューション内容(登壇内容)

ポップインサイトから
《新規事業での目標や目的設定、市場ニーズとユーザ把握》に使える
「ユーザリサーチ」の有効性とその手法についてお話しします。

POINT EDGEからは
同社のサービスラインでもある①プロダクトマネジメント②ブランドマネジメント③コミュニティマネジメント
から事例を交えながらPOINT EDGEの考えるビジネスデザインについてお話しします。

当日は両社とも実際の案件資料なども一部公開しより具体的にイメージしてもらう予定です。
さらにアフターアワーズでは、質疑応答と具体的な案件相談会も行います。

※ポップインサイトの登壇者が諸事情により告知当初と変更になります。

【タイムテーブル】
▽セッション1    19:00~19:30
「ビジネスデザイン その目的と効果」
 by 竹辺浩一(POINT EDGE/プロデューサー)
▽セッション2    19:30~20:00
「サービス開発におけるニーズ探索・検証リサーチの大切さ」
 by 池田朋弘(ポップインサイト 代表取締役) 
▽アフターアワーズ  20:00~20:30
 ・参加者と主催者の歓談
 ・登壇2社への質疑応答と相談タイム

◎おすすめする参加対象者
・企業のビジネス戦略・新規事業担当者
・組織デザインの担当者
・デザインマネジメントに興味ある経営者
・UXデザイナー、
・自社プロダクトオーナー/マネージャー

■イベント概要

日 時:2019年5月28日(火) 19:00-20:30 ※開場18:30~となります
会 場:POINT EDGE ShibuyaBASE
    http://pointedge.work/shibuya/
〒150-0002 東京都渋谷区 渋谷2-22-6 幸和ビル10F 
      ※1Fがラーメン店です、通路右奥エレベーターをご利用くださいませ
参 加:無料
定 員:15名
※大変申し訳ございません、定員に達したためお申込み受付終了となりました。
 次会開催ご案内をお待ちいただけますでしょうか、何卒ご容赦くださいませ。


《POINT EDGEについて》
“モノ” と ”コト” をデザインする
様々なスキルを持ったエンジニアやクリエイターが集い、案件に応じて最適なプロフェッショナルチームを編成することで
「コレクティブ・ジーニアス」を生み出すコミュニティベースの次世代型クリエイティブスタジオです。イノベーション事業立ち上げや次世代コンセプト企画などをトータルで支援します。

代表者:代表取締役社長兼CEO 友松哲也
WEBサイト:http://www.pointedge.work
Facebookページ:https://www.facebook.com/pointedgeinc

日程

2019年 5月 28日 19時 スタート

日程が合わない方は個別セミナー開催等のご相談も可能です。お気軽にお問合せください。

関連情報

ユーザビリティテストはなぜ重要か

UXやUIデザインにおいて、欠かせない調査方法の一つがユーザビリティテスト。「どんな調査かわからない」「大事なことはなんとなく分かるけど、しっかり説明できない」という疑問にお答えします。


ヒートマップツールで分かること・分からないこと

ウェブ解析の現場で「ヒートマップ」を使うケースが増えていますが、期待値が高まりすぎている面も。ヒートマップで「何がわかり」「何がわからないか」を整理します。


実践的プロトタイピング手法~「どこまで」「誰が」「どうやって」作るべきか

UXプロセスに欠かせない「プロトタイピング」。「なぜ重要か?」「どこまで作るべきか?」「誰が作るべきか?」などの実践的な内容をご紹介します。