【オンライン】UXコンサルファームのマネージャーに聞く「UX改善力」を高めるための工夫・秘訣


WebサイトやアプリのUXが事業成長において重要になる中で、個人・組織の「UX改善力」をいかに上げていくかか経営課題の一つになっています。

本セミナーでは、日本屈指のUXコンサルファーム・ビービットの元マネージャーを経て、現在も個人コンサルタントとして様々な企業の事業成長やUX改善を支援する天野聡美さんに「どのように組織・個人のUX改善力を高められるか」をお伺いします。

セミナー内容

■セミナー内容
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・個人のUX改善力を高めるための何が重要か
 →どんな素養が求められるか
 →どのようなスキルセットが必要か
 →スキルを鍛えるためにどんなトレーニングが有効か
 →スキルを鍛えるためにどんな経験が必要か など

・組織のUX改善力を高めるために何が必要か
 →UX改善力が高い組織の要素とは
 →UX改善サイクルをうまく回せる組織体制とは
 →UX改善をする上で、組織のよくある課題は?(その対応方針は?)
 →UX改善をするための有効な仕組み・環境は? など


■本セミナーの対象
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・会社・組織のUXを改善していきたい方
・会社・組織のUXを改善する体制構築や取組に課題がある方
・自分自身のUX改善スキルを高めたい方



■スピーカー
━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社マロウズ代表取締役 天野 聡美氏



・東京大学教養学部、東京大学大学院公共政策学教育部卒業。在学中にベルリンフンボルト大学、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)へ留学。
・公演や興業の企画・プロモーションを経てUXコンサルティングファームのビービットへ。
メガバンク、保険会社、化粧品ブランド、外資系ラグジュアリーブランドなど多数のクライアントのUX改善やマーケティング方針立案を支援。同時にマネージャーとして、方法論の策定や改善、コンサルタントの育成にも携わる。
・ビービット退職後は自身の会社マロウズを立ち上げ、新規サービス開発、マーケティング改善、UX研修など実施。クライアントはBtoBソフトウェア企業、大手予備校、一部上場の小売り店、外資系健康食品メーカー、ブライダル系の大手メディアなど多数。


■日時
━━━━━━━━━━━━━━━━━
2019年12月5日(木)18:00-19:00
※17:50からアクセス可能


申込みはこちら


日程

2019年 12月 5日 18時 スタート

日程が合わない方は個別セミナー開催等のご相談も可能です。お気軽にお問合せください。

関連情報

ユーザビリティテストはなぜ重要か

UXやUIデザインにおいて、欠かせない調査方法の一つがユーザビリティテスト。「どんな調査かわからない」「大事なことはなんとなく分かるけど、しっかり説明できない」という疑問にお答えします。


ヒートマップツールで分かること・分からないこと

ウェブ解析の現場で「ヒートマップ」を使うケースが増えていますが、期待値が高まりすぎている面も。ヒートマップで「何がわかり」「何がわからないか」を整理します。


実践的プロトタイピング手法~「どこまで」「誰が」「どうやって」作るべきか

UXプロセスに欠かせない「プロトタイピング」。「なぜ重要か?」「どこまで作るべきか?」「誰が作るべきか?」などの実践的な内容をご紹介します。