【オンライン】人間中心設計専門家に学ぶ UXデザインのプロセス「カスタマージャーニーマップ」の可能性とは?


ユーザと製品やサービスとの関わが複雑化する中、カスタマージャーニーという言葉に注目が集まっています。
しかし、用語としては知っていても、実際に作って活用するところまではたどり着いていない企業様も多いのではではないでしょうか。

本セミナーでは、人間中心設計を軸にプロダクトオーナー/デザイナーをされている末綱華英氏をお招きします。
プロダクトオーナー、デザイナーとしてこれまで企画開発に関わってこられたご経験から、ユーザの利用文脈を考えて設計するアプリ開発とは?どの様にリサーチを取り入れユーザの期待をプロダクトに反映しているのか?をお伺いします。

セミナー内容

■セミナー内容
━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.CJMの課題抽出について
- カスタマージャーニーマップとは
- どのタイミングでカスタマージャーニーマップを作成したか?
- 要件定義の段階で、どのようなリサーチを提案したか?

2.ユーザー体験を元にした、インターフェースデザイン
- カスタマージャーニーマップを活用し、機能抽出をした経験
- ユーザー文脈の違いで、UIはどのように変わるのか?
- 失敗と成功談

3.質疑応答




■本セミナーの対象
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・ UXデザインプロセスを学びたい方
・ サービスのUXを改善する体制構築や取組に課題がある方
・ カスタマージャーニーマップについて知りたい方



■スピーカー
━━━━━━━━━━━━━━━━━
フェンリル株式会社 プロダクトオーナー兼デザイナー 末綱華英 (SUETSUNA HANAE)
HCD-net / 人間中心設計専門家
(全日本食学会 / 会員)



芸術大学卒業後、映像制作会社、家電メーカー勤務を経てフェンリルに入社。
金融関連のアプリや、動画閲覧アプリなどのデザイン業務に携わる。
2018年『じぶんでつくる旅』旅プラン作成アプリ「bitter」をリリース。
現在は、bitterアプリの運用・次期企画や、旅行関係企業様のデザイン業務に携わっている。
(写真撮影、焼き肉店&チーズ工房巡りが趣味。)


■日時
━━━━━━━━━━━━━━━━━
2019年12月17日(火)18:00-19:00
※17:50からアクセス可能


申込みはこちら



■ 複数名でご参加の場合、お手数をおかけいたしますが、フォームを更新いただきそれぞれの情報をご記入ください。
※ 同一メールアドレスでの登録は、1名様までしかできません。

日程

2019年 12月 17日 18時 スタート

日程が合わない方は個別セミナー開催等のご相談も可能です。お気軽にお問合せください。

関連情報

ユーザビリティテストはなぜ重要か

UXやUIデザインにおいて、欠かせない調査方法の一つがユーザビリティテスト。「どんな調査かわからない」「大事なことはなんとなく分かるけど、しっかり説明できない」という疑問にお答えします。


ヒートマップツールで分かること・分からないこと

ウェブ解析の現場で「ヒートマップ」を使うケースが増えていますが、期待値が高まりすぎている面も。ヒートマップで「何がわかり」「何がわからないか」を整理します。


実践的プロトタイピング手法~「どこまで」「誰が」「どうやって」作るべきか

UXプロセスに欠かせない「プロトタイピング」。「なぜ重要か?」「どこまで作るべきか?」「誰が作るべきか?」などの実践的な内容をご紹介します。