【オンライン】UXデザインのはじめ方&セールスに活きるUXの考え方(ニジボックス/ポップインサイト共催)


UXデザインに取り組みたいがどうやってはじめたらいいだろう?
「UX」は営業活動に活かすことができるのだろうか?
そんな疑問にお答えするライトニングトークが開催決定!

スピーカーは、株式会社メンバーズ ポップインサイトカンパニーの元UXリサーチャーで、現在は営業として活動する水谷 駿太と、株式会社ニジボックスでプロジェクトマネジメントに携わる岸 廉太郎さん。
トークテーマは「UXデザインのはじめ方」「セールスに活きるUXの考え方」についてお話しいただきます。

UXデザインにこれから取り組みたい方、UXデザインの知見を営業活動に活かしたい方必見の内容です。

セミナー内容

■タイムスケジュール【スピーカー/ライトニングトークテーマ】
━━━━━━━━━━━━━━━━
・12:50~ 会場
・13:00~ オープニングトーク
・13:05~ LT1)水谷 駿太/UXデザインのはじめ方~ウェビナー登壇者の事例から考える
・13:25~ LT2)岸 廉太郎/UX知見で変わる!共感で深まる一歩先のセールス活動
・13:45~ 全体質疑
・14:00  閉会

■スピーカー
━━━━━━━━━━━━━━━━
【LT1】社内でのUXデザインのはじめ方~ウェビナー登壇者の事例から考える



水谷 駿太(みずたに しゅんた)
株式会社メンバーズ ポップインサイトカンパニー


大学卒業後、株式会社メンバーズ入社。大手企業のSNSマーケティング支援ディレクター、経営企画室を経て、株式会社ポップインサイトへ出向。UXリサーチャーとして人材/金融を中心に、様々な業界のリサーチを担当。大手保険会社のフォーム改善案件では、リサーチから画面設計を行い、契約完了率1.6 倍を実現。現在はセールスとして顧客課題に対するリサーチプランの提案設計を担当。
人間中心設計スペシャリスト。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【LT2】UX知見で変わる!共感で深まる一歩先のセールス活動



岸 廉太郎(きし れんたろう)
株式会社ニジボックス オンラインサービス開発事業部
プロデュースグループリーダー/プロジェクトマネジメントグループリーダー


2011年株式会社ニジボックス入社。エンジニア、ディレクター経験を経てプロデューサーやプロジェクトマネジメントの業務を主に担当。
国内企業の事業開発に対して、「モノづくり」を起点にWinWinWin(カスタマー・事業・パートナー)が共感し合える世界の実現のために、プロデュース観点からサービス開発に取り組んでいます。

■こんな方におすすめ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・UXデザインにこれから取り組みたい方
・UXデザインの社内浸透のための取り組みを知りたい方
・UXの考え方を営業活動に活かしたいとお考えの方


■日時
━━━━━━━━━━━━━━━━━
2021年2月2日(火)13:00-14:00
※12:50からアクセス可能です。

■参加費
━━━━━━━━━━━━━━━━━
無料


申込みはこちら



※本応募フォームで取得した回答内容および個人情報は、株式会社メンバーズグループおよび株式会社ニジボックスがお取扱いいたします。
■個人情報保護方針
株式会社ニジボックスの個人情報取扱い管理の詳細については、株式会社ニジボックス プライバシーポリシーを参照してください。

※お預かりしました個人情報は、ウェビナーご参加の確認、及び次回以降に開催するセミナー・イベントのご案内、製品・サービスのご紹介に利用させていただきます。
※ご登録頂いた情報から、各社から個別でコンタクトさせていただく可能性がございます。予めご了承ください。

※正確な情報をご入力いただけない場合、ご視聴をお断りする場合がございますのでご了承ください。

関連情報

ユーザビリティテストはなぜ重要か

UXやUIデザインにおいて、欠かせない調査方法の一つがユーザビリティテスト。「どんな調査かわからない」「大事なことはなんとなく分かるけど、しっかり説明できない」という疑問にお答えします。


ヒートマップツールで分かること・分からないこと

ウェブ解析の現場で「ヒートマップ」を使うケースが増えていますが、期待値が高まりすぎている面も。ヒートマップで「何がわかり」「何がわからないか」を整理します。


実践的プロトタイピング手法~「どこまで」「誰が」「どうやって」作るべきか

UXプロセスに欠かせない「プロトタイピング」。「なぜ重要か?」「どこまで作るべきか?」「誰が作るべきか?」などの実践的な内容をご紹介します。



Youtubeチャンネルで過去のUXリサーチセミナーを公開中!ぜひ登録してね!

→Youtubeチャンネルはこちら