Works
導入事例

【事例】ユーザーインタビューのタスク設計・実査・分析だけではなく、人材育成にも関わってくれて満足している|KODANSHAtech

KODANSHAtech合同会社
インタビュー
KODANSHAtech合同会社
ディレクター 大西 隆幸様

事例PDFのダウンロード
業種・事業内容
インターネットサービス・通信/BtoB

デジタルメディアの研究・開発

支援テーマ
ユーザー視点を取り入れる
背景・課題 ・ユーザー視点を取り入れ、モノやコトが飽和した時代に対応できるようにしたい
支援内容 ・UXリサーチャーをチームに配置し、定期的にUXリサーチを実施した
成果 ・ユーザーインタビューのタスク設計・実査・分析だけではなく、人材育成にも関わってくれて満足している

顧客の視点を取り入れていかないと、モノやコトが飽和した時代に戦うのは厳しい

---まず、ご担当者さまの部署のミッションと役割を教えてください。

KODANSHAtech合同会社は講談社の子会社で、総合出版社である講談社のデジタルメディアを技術的に支援しています。所属しているメンバーはエンジニア中心ですが、編集部とコミュニケーションなどを行うディレクター、UIデザインなどを行うデザイナーも所属しています。私の役割は、担当メディアのディレクションと全社的なデザイン関連の推進を行っています。

---UXリサーチャーオンデマンド(UXRO)を導入していただいた背景(導入前の課題など)を教えてください。

私たちは編集部からの要望で、デジタルメディアの立ち上げや改修などを行っています。もともと、出版業界はプロダクトアウト思考が強い業界です。しかし、サブスクリプションサービスなどを行っていく中で、顧客の視点を取り入れていかないと、モノやコトが飽和した時代に戦うのは厳しいのではと感じていました。そのため、UXリサーチなどの取り組みができないかと社内で提案して、ポップインサイトのUXリサーチャーオンデマンド(UXRO)を導入しました。

人材育成などUXリサーチの体制構築も一緒に考えてくれる点が決め手に

---数あるリサーチ会社の中から、ポップインサイトを選んでいただいた決め手を教えてください。

何社かお話を伺いましたが、他社の場合、事業の立ち上げでUXリサーチを外部の会社として関与するサービスが主という印象でした。ポップインサイトさんの場合、人材育成などUXリサーチの体制構築も一緒に考えてくれる点が決め手となりました。

---UXリサーチャーオンデマンド(UXRO)を導入して変化した点はありますか。

エンジニアやデザイナーも、自分たちが担当しているデジタルメディアの読者について、より深く理解しようという動きが増えたと感じています。

---UXリサーチャーオンデマンド(UXRO)は、担当UXリサーチャーがつき、毎月のご契約時間内であれば基本的には定額で調査が可能なサービスですが、実際にどのようなサイクルで担当UXリサーチャーと調査を進めていますか。

デジタルメディアのユーザーインタビューのタスク設計・実査・分析をお願いしつつ、社内教育のためにワークショップの開催も行っていただいています。

担当UXリサーチャーは、中立の立場で意見をくれるので助かっている

---担当UXリサーチャーはどのような存在ですか。率直な感想を教えてください。

中立の立場で意見をくれるので、助かっています。

---ありがとうございました。では最後に、ポップインサイトに期待することを教えてください。

特に人材育成などに関与してくれているので、その点はとても満足しています。引き続きお願いします。また、毎月イベントなども開催されており、引き続きいろいろな会社の事例共有の場を盛り上げていただけると嬉しいです。

<担当UXリサーチャーより>

KODANSHAtech合同会社様とは、2021年8月よりUXリサーチャーオンデマンド(UXRO)にてUXリサーチの支援・人材育成など内製化の支援をさせていただいております。

インタビューやユーザーテストの際には、必ずメンバーの方が複数名同席されており、ユーザーの行動・発言に対してメンバーの皆様が主体的に議論をされている姿から「ユーザー視点」を持ってサービスを改善していこうという熱意を非常に感じております。また、勉強会やユーザーテストの実践・インタビューの分析などのワークショップにも積極的にご参加いただいており、知見や技術を身につけようとされている姿に、私自身も刺激を受けております。

今後も、KODANSHAtech合同会社様にて「ユーザー視点」でのサービス開発・改善が定着し、UXリサーチの内製化ができるよう、微力ではございますが尽力させていただきます。


●導入サービス
UXリサーチャーオンデマンド(UXRO)

※ページ上の各種情報は2022年2月時点のものです。

投稿日: 2022/03/02 更新日: