UXセミナー・イベント

チームの共感・行動を喚起するUXリサーチ活用【J.P. Morgan Chase プロダクトデザインマネージャー登壇】

2021-12-14_JPモルガン_br

複数のチームでプロダクト開発に携わる際、各チームの力を引き出し、一緒に仕事をしたチームがいかにプロダクト開発の過程で満足を得るかが、プロダクトを成功に導く上で大変重要になります。

海外では、エンジニアリング、プロダクトマネジメント、デザインの3つの部門がすべて協力して意思決定をするトライアド型チームでプロダクト開発を統括するモデルが増えています。こうしたモデルにおいて、他チームやステークホルダーの共感を得て行動変容を促すには、UXリサーチに基づいた説得力のあるストーリーを提供することが必須です。

ユーザー視点をプロダクト開発に取り入れる重要性について、JPモルガン・チェースのデザインマネージャーであるクリス・スターさんがご自身の経験から得た学びをお話いただきます

 

本ウェビナーは、録画禁止のためライブ配信のみのご提供となります。講演・Q&Aとも通訳つきのため、日本語で直接クリスさんに質問も可能です。

ここでしか聞けない貴重な話が満載!この機会をお見逃しなく!

■概要

<JPモルガン・チェース マネージャー 直伝>チームの共感・行動を喚起するUXリサーチ活用~トライアド型チーム構築と組織力の引き出し方~

プロダクトの成功とは何を意味するのでしょうか?

プロダクトの成功とは、期限内にプロダクトを納品することや、ユーザーがプロダクトに満足していることだけではありません。一緒に仕事をしたチームがいかにプロダクト開発の過程で満足を得ているかも成功を左右する重要な要素です。

このセミナーでは、JPモルガン・チェースのデザインマネージャーであるクリス・スターさんに、組織内でのチーム力を上げることでプロダクトを成功に導く方法についてお話いただきます。

■このセミナーでわかること

  • エンジニアリング、プロダクトマネジメント、デザインの3つの部門がすべて協力して意思決定をする「トライアド型チーム」でプロダクト開発に携わった経験から得た学び
  • ステークホルダーや他チームの説得の際に欠かせない、共感や行動を喚起するためのストーリーテリングについて、UXリサーチをどのように活用するか
  • プロダクトデザイナーとしてのこれまでの経験から得た学び
  • 現在の自分の役割をどのように捉え、今後のキャリア構築についてどのような戦略を描かれているか

■プロフィール:

クリス スター Chris Stair
JPMorgan Chase & Co. / VP, Product Design

現J.P. Morgan Chase・プロダクトデザインマネージャー。金融業界でUXのキャリアを積み、インサイダー取引を監視するダッシュボードから、信用リスクモデル、暗号通貨のアグリゲーターまで、あらゆるものをデザインに携わる。優れたデザインプロセス構築に避けて通れない逆境や困難も楽しみ、ステークホルダーとUXリサーチを共有することに喜びを感じる。

■こんな方におすすめ!

・組織内のチーム力を高める方法を知りたいマネージャーの方
・組織内の他チームやステークホルダーとのプロダクト共創に課題を感じる担当者の方
・デザイナーやリサーチャーとしてのキャリア構築に興味がある方
・海外のUXトレンドにご関心のある方

■アジェンダ

・オープニング
・プレゼンテーション(通訳あり)
・Q&Aセッション(通訳あり)
・クロージング

※プログラムや内容は都合により変更になる場合がございます。

■日時:2021年12月14日(火)13:00~14:00

      ※12:50からアクセス可能です。

■費用:無料(事前登録制)

■主催:株式会社メンバーズ ポップインサイトカンパニー

■オンラインウェビナー参加の流れ

・ZOOMウェビナーによるオンライン配信を予定しております。
・ご登録いただいたメールアドレスへ参加方法をご案内します。
・ご視聴時、他の参加者から顔や名前は見えません。
・PCやタブレットなどの閲覧用端末とインターネット環境が必要です。
・下記に接続し、事前に視聴環境の確認をオススメしております。
テスト接続はコチラ (外部サイトにリンクします。)

■お申込み方法

以下のお申込みフォームにご入力後、「送信する」ボタンを押して下さい。アンケートへのご協力もどうぞよろしくお願いします。

※本ウェビナーの参加受付は終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。

⚠ お申込みフォームが表示されない方/送信ボタンを押してしばらく待っても画面遷移しない方は、お手数ですが下記ご案内をご確認ください。

・リソースをブロックするブラウザー拡張機能(GhosteryやPrivacy Badgerなど)が有効になっていると、フォームの読み込みや表示ができなくなる場合があるため、機能をオフにして再度ページ読み込みをお願いします。
・「送信する」ボタンを押してからしばらく待っても画面遷移しない場合、時間を置いて再度フォーム送信をお試しください(一時的なネットワーク環境の起因などで完了ページへの遷移にタイムラグが発生した可能性があります)。
上記対応でもお申込みができない場合、大変お手数ですがこちらのGoogleフォームより再度お申込みいただくか、pop_cr@popinsight.co.jpまでお問合せください。

ページ上部にもどる