Visso株式会社(Webマーケティング支援・システム開発)

ユーザに直接会う代わりに使える。1調査5,000円とは思えない凄いツール


Webの定量データはGoogleアナリティクスなどの各種ツールの登場で、収集することは容易になりました。一方で、定性データ(ユーザの生の声など)をどのように集めるか、という点について、王道の手段はまだないように思われます。

今回は、定量データと定性データの両方を駆使したWeb改善支援にユーザテストExpressをご利用いただいている、Visso株式会社マーケティング部の部長で、WACA認定 上級ウェブ解析士でもある小室様に、お話を伺いました。

Visso株式会社 小室様
マーケティング部 部長
WACA認定 上級ウェブ解析士

Q.本日はお時間をいただきありがとうございます。まず、貴社の事業内容と小室様のミッションについてお聞かせください。

弊社はVisso株式会社と申しまして、システムやWeb・アプリに関する開発を、上流からマーケティングまでワンストップでご支援する会社です。

元々社内にエンジニアとデザイナーが在籍しており、お客様のビジネスにとって必要な開発・制作を提供しておりましたが、お客様としては「作ってからがスタート」であるため、改善・マーケティングの面でもご支援するようになり、私はその部門を担当させていただいています。

Q.ありがとうございます。スポットの制作ではなく、長期的にお客様と向き合われるビジネスをされていらっしゃるということですね。そんな中で、これまでユーザテストを実施されたことはありましたか?

ユーザテストExpressを知るまでは、実施したことはありませんでした。改善にとってユーザテストは絶対に必要だよなと常々思いつつも、実施にかかる費用が高く、お客様の予算になかなか組み込みづらい、という課題がありました。

そんな折、ユーザテストExpressを代表の池田さんから紹介していただく機会があり、「これは破壊的なサービスだな」と思いましたね。

Q.お褒めのお言葉をありがとうございます。貴社内でどのように、ユーザテストExpressをお使いになられていますか?

取引の段階によってですが、弊社では大きく分けると、「仕事を受注する前の営業段階」「改善支援の段階(制作後)」のどちらかで実施しています。

ユーザテストExpressは、直接ユーザに会う代替手段

Q.なるほど。まずは、営業段階ではどのようにお使いになられているか教えてください。

例えば既存取引先様にご紹介いただいた見込み顧客にはじめて訪問する際、その見込み顧客の課題感が何なのか分からない、といった状況に利用しています。

見込み顧客の課題感が事前に見えていなくても、エンドユーザが「見込み顧客のWebサービスにどういう感情を持っているのか」「アプリにどんなことを期待しているのか」を知るためで、それを知っていると、実際の商談の場で「そのお客様の課題はこういうことか」という気づきを得やすくなりますし、商談時のこちらからの発言にも説得力が増します。

予算が限られていますし、私の場合、私の知人友人で近い業界の方がいればその方に話を訊くのが早かったりするので、すべての見込み顧客の訪問前に使えるわけではないですが、ユーザテストExpressの動画は成約後の実際の業務でも使える情報が詰まっているので、無駄なく使える、という印象です。

Q.大変興味深いお話をありがとうございます。改善支援の段階ではどのようにお使いでしょうか?

ウェブ解析士として、Googleアナリティクスや各種ツールで得られる定量データから、その都度その都度で改善すると成果につながりやすい施策の仮説をたてることは普通に行なえますが、やはりユーザの声は強いです。

これまで私が「今回は定性データが欲しいな」というときは、あの手この手を辿って、エンドユーザに実際に会いに行って、インタビューをやったりしていました。

そうやって直接お会いすることで得られる行為も非常に有益なのですが、結構な時間と手間がかかります。例えば3人に会うとして、移動時間を考えたら都合5~6時間はかかります。その人件費を考えるとユーザテストExpess何回実施できるかな、と最近考えるようになりました。

つまり、直接会いに行く代替手段として、ユーザテストExpressでエンドユーザの声を収集している、そんな使い方をしていますね。

また、これは少数ですが、「これまでがむしゃらにWebに取り組んできたけれど、もっといい方法があるんじゃないか?」といった課題感をお持ちのお客様には、「Webについてもユーザの声をしっかり聴いて、ユーザが"本当に"求めているものはなんなのか、一緒に考えましょう!というなかば社員研修的なきっかけとして、ユーザテストをご提案する、といった場合もあります。

たとえ自己批判になっても、ユーザテストは行うべき

Q.ユーザ視点をお客様に身に着けていただくためのツールとしてご利用いただいているということですね。ちなみに、貴社が制作されたサイトに対してユーザテストを行うこともあるのでしょうか?

他社様が作られたものに対して行うこともありますし、自社でお手伝いしたWebにもユーザテストはします。

他社様が作ったものはためらいなくやれますね、どれだけネガティブな指摘が出てきてもOKというか(笑)。一方、自社が作ったサイトやアプリのユーザテスト実施に抵抗がある制作会社様もいるとは思うのですが、それはナンセンスだと思うんですよね。

ユーザテストで出てきた指摘が「自己批判」になったとしても、お客様のビジネスの成長に貢献することであればためらう理由は無いですし、そういう姿勢でないと今後生き残っていけないと考えています。

ですが、ユーザテストをやって課題点が見つかったとしてもお客様から「ダメなサイトを作られた」等と言われたことは一度もありません。

良いお客様に恵まれているということもありますが、「ためらいなくユーザテストを実施できる関係性」としてそれまでプロジェクトを一緒にすすめてきているからかな、とも思います。

弊社は"作っておしまい"といったビジネスモデルではないので、お客様が求めているビジネスゴールにコミットしようとすると、ユーザテストExpressは使わない選択肢は無いです。

ユーザテストExpressは、自主的に紹介したいツール

Q.とても本質的なお話ですね。総じてユーザテストExpressのご評価はいかがでしょうか?

1調査5,000円でこのアウトプットは本当に「すごい」としか言えないです。業界仲間にオススメのツールとしてご紹介することも多いです。

Q.ありがとうございます。逆に改善した方が良いという点はありますか?

声が聞き取りづらいモニタさんがたまにいらっしゃいますね、なかなか難しい部分ではあると思うのですが。

あと、モニタ集客のタイミングで、ユーザテストを実施できるモニタが現時点で何人くらいいるのかという数が見えるとありがたいです。ざっくりでもいいので、何人くらいモニタがいるというのが見えると、それだけでも「一度募集をかけてみよう」というモチベーションにつながると思います。

最後に、クレジットカードで決済できるバリエーションを増やしてもらえると嬉しいですね。Mastercard、VISA以外のカードが使えなかったので、経理面で手間が増えている社内事情があります。

貴重のなご意見、誠にありがとうございました。早速社内の運用チーム、開発チーム内で共有して改善してまいります。




ユーザテスト導入事例

コンサルティングに不可欠な仮説発見ツール
データアーティスト様(LPOツール)

クライアントの成果を改善するための心強いツール
ソウルドアウト様(ネット広告代理店)

新人営業マンを早期に活性化できるツール
クロスコミュニケーション様(ネットシステム)

アクセス解析と併用できるPDCAツール
えそら様(UXコンサル)

「ユーザテストの大変さ」を解消する革命的なツール
ナイル様(旧ヴォラーレ様。Webコンサル)

ユーザテストExpressは素人でも課題が発見できるツール
オモロワークス様(Webマーケティング戦略立案)

インハウスのUXチームに不可欠なリサーチ&プレゼンツール
インテリジェンス様(求人メディア運営)

ユーザに直接会う代わりに使える凄いツール
Visso様(Webマーケティング・システム開発)

ピックアップ・コンテンツ

ユーザビリティの定義・評価方法

ユーザビリティテストはなぜ重要か

ユーザ視点がヒューリスティック評価の限界を超える瞬間

実践的プロトタイピング手法~「どこまで」「誰が」「どうやって」作るべきか

ヒートマップツールで分かること・分からないこと

Webマーケ現場での「アイトラッキング」の4つの価値


ユーザリサーチを超手軽に!Expressシリーズ

【無料】超手軽なリモート・ユーザビリティテスト

準備時間わずか1分、最短翌日で結果納品の超手軽なユーザビリティテスト。Webマーケティング初心者でも成果が出せる!


【無料】プロトタイプをユーザ視点で検証

せっかく作ったプロトタイプを「社内議論」にしか使わないのは勿体ない!準備1分でプロトタイプを検証。