ブログ

【2021年版】小売業のデジタルトランスフォーメーション(DX):トレンドとベストプラクティス

【作成】2021/06/07 【更新】2021/06/08

本記事はAIMultiple社より許可を得て翻訳したものです。

元記事:”Retail Digital Transformation: Best practices & Top Trends [2021]”, January 1, 2021

小売業界における競争は激化しており、小売業の相次ぐ倒産を引き起こした主な要因は、顧客がデジタルショッピングにシフトしたことと考えられています。

デジタルトランスフォーメーション(DX)は、もはや小売業企業にとってオプションではなく、生き残るための必須条件となっています。


なぜ小売業にとってデジタルトランスフォーメーション(DX)が重要なのか?

小売業界における競争はかつてないほど激化しています。

Google、Amazon、Appleなどの巨大企業のおかげで、顧客はパーソナライズされた製品やデジタルジャーニーに慣れており、小売業企業が顧客の心を掴むためには、巨大企業と同じレベルの体験を提供する必要があります。

現在の小売業界には、この流れに適応できなかったデジタル後進企業と、ゼロから成功を収めたデジタル先駆企業が多数存在しています。

2017年には、「小売業の黙示録」という言葉が使われ始めました。これは、2010年から2017年までの主要な小売業の倒産のニュースを受けた言葉です。

Abercrombie&Fitch、Blockbusters、GUESS、Toy “R “Us、J.C. Penneyなどは、この期間に倒産を発表したり、店舗を閉鎖したりした小売企業です。

小売業の黙示録」を引き起こした主な要因の一つは、顧客がデジタルショッピングにシフトしたことと考えられています。したがって、DXは、もはや小売企業にとってオプションではなく、生き残るための必須条件となっています。

しかし、DXプロジェクトの70%は様々な課題により失敗しているため、小売企業は成功するためのDX戦略とフレームワークをしっかり考える必要があります。

出典:VISUAL CAPITALIST

デジタルトランスフォーメーション(DX)は、小売業にとってどのような意味を持つか

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは、市場や変化するビジネス要件に対応するために、デジタル技術をビジネスのあらゆる側面に統合していくプロセスです。

この目標を達成するために、組織はシステム、プロセス、組織、文化を更新する必要があります。

小売業界のDXには、3つの重要なポイントがあります。

①カスタマーエクスペリエンス

どの小売企業も、悪いカスタマーエクスペリエンスを提供したくはないでしょう。PwCの調査によると、顧客の32%は、一度悪い体験をすると、気に入っていたブランドとの交流をやめてしまうそうです。

出典:PWC

②企業のアジリティ

企業の俊敏性とは、迅速な意思決定、新しいシステム、リソースの割り当てだけではなく、リアルタイムのデジタルデータへのアクセスや、デジタル資産を活用したワークフローを可能にすることです。

③サプライチェーンの改善

デジタルサプライチェーンは、様々なプロセスの協調や可視化を実現し、結果として効率が向上します。

小売業におけるベストプラクティスとは?

小売業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)に共通する3つのベストプラクティスは次のとおりです。

デジタル体験の高速化

ページのロード時間が遅いと、お客様に満足していただけないことにつながります。ウェブページ、コンテンツ、画像は、パフォーマンスとエクスペリエンスの両面から管理する必要があります。

アジャイルなアプローチ

小売業は、ビジネスを変革するために、新しいテクノロジーを迅速に試し、既存のテクノロジーからシステムを迅速に移行する必要があります。

  • クラウドへの移行
    • 最近の小売業者の多くは、小売業への集中度を高めるために、サーバーをクラウドに移行しています。クラウドコンピューティングのリーダーであるアマゾンは、他社のクラウドへの取り組みを後押ししています。クラウドの利用によって、小売業者は所有コストを削減しながら柔軟に拡張することができます。
  • AIによる変革
    • DXは90年代から行われています。小売企業がDXに注力する際には、AIの進化を含む最新の技術を導入する必要があります。

セキュリティを重視

企業データと顧客データは、小売企業にとって最も貴重な資産です。ハッカーがセキュリティの脆弱性を悪用すれば、顧客の組織への信頼は失われます。小売企業は、サイバーセキュリティソリューションに投資する必要があります。

まとめ

いかがだったでしょうか。
もちろんただベストプラクティスを真似しても、価値あるDXの実現は望めません。すでに破壊的イノベーションにより小売業界は激変していますが、それでも顧客の欲求が尽きてなくなることはあり得ません。まだ満たされていない顧客の欲求を発見し、自社だからこそ提供すべき顧客体験の創造・変革を行うことが重要です。

ポップインサイトでは

  • 「DX先進プロダクト・サービスのユーザインサイト」を探るリサーチ支援
  • 「顧客体験からアイディエーション、ソリューションの価値検証を行うDX推進」に特化したリサーチ支援

などDX推進の鍵となるご支援を行っています。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

お問合せはこちら

関連記事

AIMultiple社による、DXの重要性や価値、その他業界事例をまとめたメイン記事も翻訳しています。下記よりご覧ください。

カテゴリ: 海外最新記事・UXを学ぶ
投稿日:
投稿者: okimoto
ページ上部にもどる