デザインプロジェクト開始前に必ずすべき5つの問い

この記事はuxdesign.ccの記事を許可のもと翻訳したものです。
翻訳元記事:5 questions to ask before every design project (2017/2/7)

著者:Shankar

私が大学院時代には、常にユーザーのことを考えることを叩き込まれました。私達学生は多くの試行錯誤を繰り返して、最終的にはユーザー中心のものをデザインしました(少なくとも私達はそう考えています)。現実世界で働く人は皆知っているように、すぐに注意が散漫になるような(組織上、技術上、その他の)制約がたくさんあり、プロダクトをデザインする上で不可欠なものを見失うことがあります。

数週間前、自分自身の仕事の流れとデザインの手順を振返りながら、自問しました。どんなプロジェクトであっても作業を始める前に知っておくべきことは何か?

私は以下のゴールに基づき問いを列挙してみました。

・基本を見失わないこと。

・私の頭の中でデザインに関して徹底的に合理性を追求すること。
徹底的な合理性とは何か?私はデザイナーとして、それがユーザーにとって合理的であり、会社やその他のものに成功をもたらす理由を説明できなければなりません。

・デザインに関して戦略的であること。そのプロダクトラインが進歩するようなデザインをより適切に立案して創造すること。

・適切なデザインに沿って作業しているかどうか。(※1)

私は問いを5個に制限しました。これらの基本的な問いに最初に答えることにより、他の重要であるが副次的な問いに答えることが可能であり、問いの数が少ない方がベターと感じたからです。

問い1. 我々は、どのような課題を解決しようとしているのか?

課題の枠組みが明確でない場合は、有用性に関する検証が困難なデザイン変更が無限に繰り返される可能性があります。

しかし、この問いに関して留意しておくことが1つあります。課題から着想して開始したからといって、デザインが課題に対する解になるわけではありません。それは単なるトリガーであり、新たな機会を発見するきっかけにすぎないのです。

問い2. 誰のためにデザインしているのか?

最も基本的な問いですが、最も重要です。この問いは単純ですが、ユーザーのニーズや行動などの問いにつながります。

私たちはユーザーを知っているかもしれませんが、そのユーザーをどれだけよく知っているでしょうか?

問い3. 規模はどの程度か?制約は何か?

これは私が過去に何回も見逃した問いの1つであり、多くの人がこの問いを見失っていることに気付きました。この問いにより、最初から多くの混乱を避けることができます。これに付随する問いとは、我々に与えられた時間は?どのプラットフォームか?モバイルかウェブか?技術的な制約は何か?その他の課題は何か?などです。

規模を理解することにより、我々のデザインを深く掘り下げる前に、対象とすべき範囲を理解する上で本当に役立ちます。

問い4. どのようなシナリオに沿ってデザインするのか?

私たちが誰のためにデザインするかを知るだけでは十分ではありません。私たちがどのような体験を求めてデザインするのかを理解することも重要です。これは、あなたが書き下すストーリーや、または課題がハイライトされた一連の画面(タスクフロー)です。全くの新しいプロダクトをつくる場合でも、今現在の体験が存在しないということはありません。これを緻密に設計することが重要です。

私たちは常にユーザー体験のためにデザインしています。その体験は現在どのように見えますか?

良いシナリオには、必ずストーリーのキャラクター(ユーザー)、コンフリクト、ゴールがあります※2。問い1に答えないとコンフリクトとゴールを理解できず、問い2に答えないとストーリーのキャラクター(ユーザー)を理解できません。これらがどのように関係しているかを理解できますか?

問い5. 成功の指標は何か?

それは、エンゲージメントの増加ですか?購入率の上昇?NPSスコアの改善?アクティブユーザーの増加?
成功が定義されていない場合は、ステークホルダーの視点を理解することは困難であり、成功したプロダクトを作ることはさらに困難です。

デザインが単なる課題解決ではないことについて

これらの問いを検討して、現在の体験を設計しようとすると、プロジェクトが成功するためには、幾つかの課題を解決する以上のことをする必要があることを理解するでしょう。もちろん、これらの課題がどのように記述されているかによって異なりますが、前述の課題が成功の指標とどのように関係しているかを把握することが重要です。例えば、単にそのコピー・ボタンを変更するだけで、本当により多くのユーザーが支払い手続きを完了するでしょうか?多分そうでしょうが、そうでないかもしれません。

手元にある課題は、単に設計を開始するためのトリガーまたは理由です。プロダクトが成功するためには、課題を解決するだけではなく、もっと多くのことを行う必要があります。

あなたの5つの問いは何ですか?

あなたが、あらゆるデザインプロジェクトの前に考えるべき5つの問いを選ぶとすれば、それはどのようなものでしょうか?

いくつかのアイデアや思考は、以下の参考文献にしました:

(※1)「Getting the Right Design and the Design Right: Testing Many Is Better Than One」(ビル・バクストン著)。バクストンは、デザインを正しくする前に適切なデザインを得ることによる「先行投資」を強調しています。
(※2)「The User’s Journey」(ドナ・リチャウ著)。 ドナはストーリーテリングに大きく関わっており、自身の講演やポッドキャストで、ストーリーを作る際のキャラクターに関して話をしています。

翻訳元記事

5 questions to ask before every design project (2017/2/7)

画像は翻訳元記事より引用

The following two tabs change content below.
ポップくん

ポップくん

株式会社ポップインサイトの公式キャラクター、ポップくんです。ユーザビリティやユーザテストをはじめとして、Webマーケティング全般にわたり、皆様に役立つ情報を発信してまいります。


【人気】UXリサーチャを貴社チームに!!

「UX改善したいけど人がいない」「CVR改善が伸び悩む」「社内で育てられない」というチームに最適!UXリサーチャとリサーチツールをセットで提供!