【UTマンガ】ユーザテストの知られざるスケープゴート機能とは

説得材料としてのユーザテスト

「このサイト、絶対に改善すべきなのに話を聞いてくれない…」

「リニューアル方針を変えたいけど、上からの指示だから諦めるしか…」

社長や上司、クライアントに対して「ここがダメだから直しましょう!」と直接言いにくい、または言っても動いてもらえないそんな時は、まさにユーザテストの出番です。リアルなユーザがサイトやアプリを使っている動画があれば、スケープゴートとなってあなたの代わりにいかに改善が必要か、伝えてくれます。それも直球意見で。

「デザインはおしゃれでいいけど、何が言いたいのかわからないですね」
「安さが売りみたいだけど、送料とかその他の費用が含まれてるかわからないと嘘くさいな」
「電話をかけたらそのあとどうなるのか説明がないから怖い、売り込まれそう」

そんな意見を動画で見せられたら、社長や上長も動かずにはいられなくなるかもしれません。

今回のマンガのように、言いづらいことをユーザのリアルな声を使って説得させる方法についてユーザテストが”刺さる”7つのパターンのパターン5としてご紹介しています。

ユーザテストが”刺さる”7つのパターン

「説得材料としてのユーザテストの価値」やそもそも「ユーザテストだけで説得できるのか?」といった疑問についてなど、サイト改善の提案の際にぜひ参考にしてください。

 

ユーザテストについてもっと知りたい

ユーザテストってそもそもなに?どうやればいいの?といったユーザテストの基本を知りたい方は下記の記事をどうぞ。

ユーザビリティテストはなぜ重要か

The following two tabs change content below.
ポップくん

ポップくん

株式会社ポップインサイトの公式キャラクター、ポップくんです。ユーザビリティやユーザテストをはじめとして、Webマーケティング全般にわたり、皆様に役立つ情報を発信してまいります。


【人気】UXリサーチャを貴社チームに!!

「UX改善したいけど人がいない」「CVR改善が伸び悩む」「社内で育てられない」というチームに最適!UXリサーチャとリサーチツールをセットで提供!