Blog
ブログ

今月のUX情報:2022年8月

海外や国内のUX関連の記事や情報を定期的にお届けしています。

高齢化のためのデザイン:包括的なデジタル体験のための5つの方法

今、あなたが75歳だと想像してください。今あるほとんどのデジタルデバイスは、あなたのニーズに合うように最適化されていません。

高齢者がアクセスしやすいデザインを設計することは、十分な大きさのボタンを作成することよりはるかに重要です。ここでは、全てのタッチポイントでアクセシビリティを確保するために、包括的なエコシステムを拡大する方法を学びましょう。

1:包括的な対面調査とテスト:高齢者は、インタビュー時に感じた自身の困難は他の人と関連性が無いと考え、それらについて言及しません。これは研究の洞察に影響を与えます。これを容易に解決するために、調査とテストは直接行いましょう。また、メインのユーザーグループでなくとも、調査とテストに高齢者を含めることには価値があります。より多くの人生経験を持つ人々からの洞察は、私たちのデザインを根本的に改善することができるからです。

2:人口統計ではなく行動に焦点を当てる:高齢者は、ただの高齢者ではありません。他の人口統計と同様に、彼らは様々な特性を持つ非常に多様なグループであり、後世の人々がデジタル製品で困難を経験する可能性がある多くの理由を持っています。年齢は全体像の一部にすぎず、高齢者向けに設計する際には、他の多くの要因も考慮する必要があります。

3:アクセシビリティガイドラインを調整する:webコンテンツアクセシビリティガイドライン(WCAG)によると、利用しやすいサイトは知覚可能・操作可能・理解可能なものです。高齢ユーザー向けの包括的なデジタル製品を作成するには、アクセシビリティガイドラインを経年変化に合わせて調整する必要があります。

4:製品の需要を機能でマッピングする:デジタル製品は、高齢者の能力を超えてはいけません。設計基準は、加齢に伴う変化に導かれる必要があります。物理的な製品用に使われていた「インタラクションマップ」は、各機能を使用するために必要な能力のレベルを表示することができます。このマップを使用することで、包括的なデザイン設計の決定をサポートし、加齢の影響を受けるユーザーの能力に応じて機能を調整することに役立ちます。

5:質問インターフェースの規則:高齢者ユーザー向けに設計する際、ヒューリスティック(課題解決をするときに経験則や先入観に基づき、直感で素早く判断を行えるメンタルショートカット)に従うことが非常に重要です。新しいパターンを学ぶ必要がないようにするため、デザインは他の製品に十分に近づける必要があります。また、事前知識をあまり取らず、慣習は全ての人に馴染みがあるわけではないことを覚えておきましょう。何を設計する時でも、あらゆるレベルの規則に疑問を投げかける価値があります。

引用元記事はこちら(英文):How to Design for Human Aging: 5 Methods for Inclusive Digital Experiences

UXユニコーンとは何か/あなたはUXユニコーンになるべきか

UXは、リサーチャー・デザイナー・ライター・開発者などさまざまな専門分野で構成されています。このUX分野の全ての専門知識を持っている人は「UXユニコーン」と呼ばれています。この人は、UXに関する全ての作業を1人で行うことができます。

ユニコーンがおとぎ話にのみ存在するように、UXユニコーンもおとぎ話上での従業員です。企業は、コスト削減のためにUXユニコーンを探しており、様々な分野のスキルを持つ人こそ、設計プロセスの改善に役立つと信じています。

ただ、たとえ様々な分野のスキルを持っていても、一度にできることは1つだけです。UXユニコーンは組織の問題に対する魔法のような解決策ではありません。そのため、UXユニコーンを探す求人広告は、雇用主のUX成熟度が低いことを示しています。デザインは、チームスポーツです。全てのことを少しずつ知っており、なおかつ1つか2つの特定のことに特化しているチームメンバーの集まりこそ、優れた結果を出すことができるのです。

UXユニコーンを忘れて、T字型人材になりましょう。T字型人材は、様々なことができるマルチスキルの専門家であり、特定の分野の専門家です。全てのことを少しずつ、幅広く知っているだけではユニコーンになれませんが、T字型の人には大きなメリットがあります。幅広い知見を持つ人材のため、長所と短所をより深く理解できるのです。これは、プロジェクトに最も影響を与えることができる領域を知るのに役立ちます。

引用元記事はこちら(英文):What is a UX unicorn, do UX unicorns exist, and should you become one?

UXと意思決定

人間の脳を理解することはなぜ重要か?なぜ人間の行動を一般化し、人間が望ましい方法で行動することを予測できないのか?
私たちが知覚するもの(感覚入力)と既存の世界の知識との間に矛盾があり、新しい情報を認識して理解する能力が影響を受けることに注意が重要です。

私たちは時たま通常の行動を逸脱し、判断と意思決定能力はしばしば不合理です。情報を処理するとき、処理を簡素化するためのメンタルショートカットを探します。これは非常に迅速かつ簡単に行われるため、私たちはまだ忘却の状態にあり、それを認識できません。
そのような非合理性と偏見の多くは、過去の経験と根深い信念体系から生じています。

では、この知識はデザイナーとしてどのように役立つのでしょうか。
デザイナーとして、直感的でありながら意味のある体験を作りたいのであれば、これらの心理的メカニズムを利用して、これらの非合理性と意思決定パターンを予測する必要があります(私たちのバイアスによる色付けなしで)。
ターゲットユーザー向けのエクスペリエンスと製品を構築する際に、より多くの情報に基づいた選択を行うために、脳がどのように機能し、情報を処理するかを理解する必要があります。

体験をデザインするときは、脳の進化も考慮する必要があります。
たとえば、潜在的な脅威を検出して対応する能力を備えた私たちの原始的な脳は、「安全な空間」にとどまり親しみやすさに頼ることを好みます。
デザイナーとして、私たちは「親しみやすさ」の領域を利用して、体験に対する前向きな感情を呼び起こすことができます。

デザイナーとして
1)認知的負荷を管理するために、認知的努力をあまり必要としない方法で選択肢を提示することができます。
2)ユーザーのニーズとバイアス(意識的および潜在意識的)に対応します。
3)ドライブアクション
4)ユーザーの感情に訴える。小さいながらも重要で、微妙であるがはっきりと見える、インパクトのあるナッジとトリガーを導入して、ユーザーの「幸せな道」を確保することができます。

引用元記事はこちら(英文):UX and decision making

2022年にUI/UXデザイナーとしてオンラインでお金を稼ぐ方法は?

UI / UXデザイナーとして、さまざまなプラットフォームで作業することで合理的なオンライン収入を得ることができ、複数の収入源を生み出すことができます。以下は、 UI/UXデザイナーがキャリアの中でオンラインでお金を稼ぐのに役立つアイデアのリストです。

1.ブランドを構築する
UI / UXの作業を紹介して専門知識を提示し、そこにいる聴衆があなたを認識し始めるようにします。

2.フリーランスのデザインを行う
UI / UXデザイナーとして、Fiverr、Upwork、Freelancerなどのフリーランスプラットフォームでプロのプロファイルを作成し、サンプル作業を提示して、プロジェクトを獲得して収益を上げます。

3.デザインブログを所有する
定期的に投稿される優れたコンテンツは、読者の信頼を得るのに役立ちます。

4.YouTubeチャンネルを作成します
ビデオを作成して、概念を共有し、美しいインターフェイスを設計し、設計ツールの使用法を説明して、自分の分野で信頼できるマスターになることができます。

5.ソーシャルメディアプレゼンスを構築する
膨大な数のフォロワーを獲得できれば、他の人からの投稿や商品の有料プロモーションを開始できます。

6.デザイン作品を販売する
他のデザイナーに刺激を与えたり、クライアントからプロジェクトを獲得したりできるように、ポートフォリオ内で最も満足しているプロジェクトを常に表示してください。

7.UXメンターになる
あなたの知識を高め、あなたのプロフィールを成長させ、そして時間ベースでかなりの金額を稼ぐのを助けます。

8.アフィリエイト製品を販売する
インターネットでUI/UX関連の製品を検索して見つけ、所有者に連絡して、製品を販売することでそれらのアフィリエイトになります。

・結論
UI / UXデザイナーがオンラインでお金を稼ぐ機会が増え、複数の収入源を簡単に稼ぐことができます。オンラインの世界で成功するための鍵は次のとおりです。

・一貫性を保つ
・定期的に
・存在する
・継続的な学習によって最新の状態に保つ

引用元記事はこちら(英文):How to Make Money Online as UI/UX Designer in 2022?

無料Ebookダウンロード|今日からできる!ユーザーテスト入門

500回以上のユーザーテスト経験を踏まえて、現場で実際にできる「簡易ユーザーテスト」について、準備の方法、当日の進行のコツ、レポート作成のパターンなどを余すところなくご紹介。 実際のテスト様子の動画教材もあるので、習得しやすい。

投稿日: 2022/08/03 更新日:
カテゴリ: UXリサーチ, 海外最新記事・UXを学ぶ