ブログ

チームコミュニケーションが活性化。UXリサーチ読書会のすすめ

UXリサーチャーとして働き始めて早3年。フルリモートワークの働き方には慣れてきましたが、一方リモートならではの悩みを抱えた時期がありました。どのような悩みがあり、それに対し、どんな解決策を考えたのか?リモートワークで働いている方の参考に慣ればと思い、紹介させていただきます。

産業医から見る「リモートワーク」のメリット

ポップインサイトはコロナ前から基本的にはほぼ全員がフルリモートで働いています。

そんなリモートワークには、このようなメリットがあります。

※出典:産業医保険支援サービス「first call」

「対人ストレスが軽減される」「自分のペースで仕事ができる」「通勤ストレスが軽減される」の上位3つは、特にリモートワーカーであれば、どなたも共感できるのではないでしょうか?個人的な話となりますが、地方在住ということもあり、地元で周りにフルリモートで働いている人は皆無なので、みんなから驚かれ、羨ましがられます。

産業医から見る「リモートワーク」のデメリット

ただ一方で、メリットばかりかというそういうわけじゃないですよね。

次はデメリットについてです。

※出典:産業医保険支援サービス「first call」

特に上位2つの「コミュニケーションが不足する」「人間関係が希薄化する」については、リモートだから仕方がないのかもしれませんが、難しい問題ですよね。

雑談の機会が少ないと不安感が高まる

ところで、雑談はできてますか?

別のデータとなりますが、雑談の機会が少ないと不安感が高まるという結果が出ています。

※出典:テレワーク下の雑談に関する実態調査

このデータが示すように、実は私にも下記のような悩みがありました。

  • 社内会議やチーム定例では、業務報告や業務関連の会話のみ

 ⇢雑談は最低限。ちょっとした会話がしづらい

  • リサーチ業務は基本的に一人で回せてしまうので、個人プレーになりがち

 ⇢自由だけど孤独

  • 他のリサーチャーが普段どんなことで悩んでいるのかわからない

 ⇢他の人の悩みを聞く機会がないから「もしかして、こんなことで悩んでいるのは自分だけなのか?」と考えてしまい凹む・・

そんな悩みを抱えていたこともあり、あることを考え、実行に移してみました。

オンライン読書会3つの目的(メリット)

  • チームコミュニーケーションの活性化

‑本を介して、お互いを深く知ることができる(悩みや価値観の共有)

‑例:ベテランリサーチャーの方の悩み「クライアントとのコミュニケーションがうまくいかずストレスになっています・・」

  • 業務に活きるナレッジの共有

‑例:1冊目「リモートワークにおける働き方」

‑例:2冊目「UXリサーチ」

  • コンピテンシーのレベルアップ

‑書籍などから役立つ情報を入手し、社内や社外に共有・発信する

‑新たな知識やスキルを積極的に試し、取り入れる

‑より効率的な仕事の進め方を考える

そして、実際に読書会を実施し、下記のような感想をいただくことができました。

読書会をどのように実施するか?

  • 開催頻度、人数

‑週1回のチーム定例後(1回あたり約20分)

‑5名前後がベスト(人が増えると発言しづらくなる)

  • 形式

‑2ヶ月(約8回)で1冊程度のペースを想定

‑読書会前までにスプシに感想などを記入し、読書会でシェア&意見交換

  • シェアする項目

‑①参考になったこと(引用&感想)

‑②疑問点、皆さんに相談してみたいこと(意見交換)

‑③明日から実践してみたいこと(アクションプラン)

次に実際の選書やアウトプット例をご紹介します。

※画像引用元:「ワーク・シフト」「チームコミュニケーションの教科書「リフレクションがんばらない働き方「MBA生産性をあげる100の基本」
※画像引用元:「はじめてのUXリサーチ」

まとめ:オンライン読書会の目的(メリット)

  • チームコミュニーケーションの活性化
  • 業務に活きるナレッジの共有
  • コンピテンシーのレベルアップ

この記事を読んで、「面白そうだな」「社内でやってみようかな」と思われたら、まずは

読書会の企画書を作成してみてくださいね。

【参考】UXリサーチ共有会動画

本記事のベースとなっている動画がありますのでご興味があればご覧ください。

UXリサーチ共有会9月

コラム執筆者

若月

フリーのウェブコンサルやセミナー講師を経験後、3年前ポップインサイトに入社。大手アパレルブランド、航空会社、住宅設備メーカーのサイト改善やプロトタイプ調査等、UXリサーチの業務全般を担当。趣味は海外サッカー(イタリア)観戦とサウナ。

投稿日:
カテゴリ: UXリサーチ, UXリサーチ
ページ上部にもどる