実力があるリサーチ会社10選

「リサーチ」は耳慣れた言葉ですが、実際にどのようなことをして、どんな効果が得られるのかご存知でしょうか?そしてリサーチを実際に頼もうと思ったとき、リサーチ会社の比較のポイントはわかりますか?本記事ではリサーチをおこなう目的や手法をご説明した後、国内のリサーチ会社を10社ご紹介します。

リサーチの手法

なぜリサーチが重要なのかを理解するために、まずはリサーチの手法を整理していきましょう。

調査方法は大きくわけて2種類あり、そのなかにもさまざまな手法があります。

①定量調査
定量調査とは数値で結果を表すことのできる調査を指します。人数や量や割合といった数値で集計・分析され、調査結果が明確であることが特徴です。
例)「コーヒーは好きですか?」という質問を100人にしたところ、はい67人/いいえ33人 という結果だった。
【定量調査の手法】
アンケート(訪問・会場調査・電話・郵送)、覆面調査(ミステリーショッパー)

②定性調査
定性調査とは消費者がある選択に至った経緯や理由を調査する方法です。消費者の声を聞くことによって、改善点や、逆に変えてはいけない点が見えてきます。
例)「コーヒーは好きですか?」の回答に対する理由を聞かせてください。
→はい:眠気がなくなるから。毎朝飲む習慣があるから。
いいえ:苦味が嫌いだから。飲むと胃が荒れるから。
【定性調査の手法】
インタビュー(グループ・個別)、行動観察

上記の調査以外に、インターネットの普及によって新しく生まれた調査方法「MROC(Market Research Online Community)」があります。これは、インターネット上にコミュニティを作ってターゲットとなる消費者を集め、特定の期間やり取りを観察する手法です。想定していなかった発見点が見つかったり、従来の調査に比べて準備や集計に費用・時間がかからないことがメリットとして挙げられます。

事例:従来のノンアルコールビールのイメージを覆す新商品で売上No.1(アサヒビール)

アサヒビールは2010年当時ノンアルコールビール市場でシェア2%と低迷していました。そこでマーケティングリサーチをし、ノンアルコールビールを飲む状況と、新商品のヒントとなる情報を集めました。

従来、ノンアルコールビールはアルコールが飲みたくても飲めない人(妊婦や運転手など)が利用しているとイメージされていました。しかし調査をおこなってみると、「ビールをいつも飲んでいるが、翌日仕事が忙しいときは控えたい」「休肝日を作りたい」というように、普段からビールを飲んでいるが、アルコールを飲まないという選択をしてノンアルコールビールを飲んでいる人がいることがわかりました。

また、ノンアルコールビールは「健康」「女性的」といったイメージの商品が多く、「男性的」「ビールに近い」というポジションは空白になっていました。

そこで新商品のコンセプトは「ビールの代替品」になりました。男性がメインとなるビール愛飲者のうち、アルコールを飲めない・飲まないときに手に取られる商品として、飲み応えのあるノンアルコールビールが開発されました。

この新商品「ドライゼロ」が2012年に発売されると、その年はシェア24%を上回り、2016年は売り上げNo.1を達成しました。

出典:マインドリーディング|「ドライゼロ」のヒットを導いた王道のマーケティングリサーチとは?

国内のリサーチ会社10選

株式会社ポップインサイト

https://popinsight.jp/

<所在地>
神奈川県横浜市

<得意分野>
ユーザ調査

<特徴>
ユーザテストの豊富な実績があるポップインサイトでは、面倒な準備や専門知識は一切不要で、ターゲットとなるユーザから得られる有益な発見を安価にご提供できます。リサーチだけにとどまらず、上流の戦略立案や設計も可能です。幅広い領域での実務経験を武器に、机上の空論でない費用対効果の高い施策提案をおこないます。

<実績>
株式会社インテリジェンス様、Sansan株式会社名刺アプリ「Eight」ほか多数

株式会社インテージホールディングス

https://www.intage.co.jp/

<所在地>
東京都千代田区

<得意分野>
パネルリサーチ

<特徴>
あらゆる調査ニーズに応える豊富なサービスラインナップがあります。小売店・消費者の買い物データといったリアルデータを得られるパネルリサーチや、インターネット・会場での調査、ドコモの恵帝電話のネットワークを利用した「モバイル空間統計(R)」、海外調査にも対応しています。お客様が保有しているデータを利用した解析も可能です。

<実績>
食品・飲料メーカー、大手雑貨メーカー、中小旅行会社

株式会社ビデオ・リサーチ

https://www.videor.co.jp/index.htm

<所在地>
東京都千代田区

<得意分野>
大規模リサーチ

<特徴>
調査の設計から全国レベルの実施まで対応できる会社です。マスを把握する定量調査から、消費者の真相に迫る定性調査に至るまで、豊富な調査ノウハウに加え、最新の設備とベテランの調査員により、迅速・正確に応えてもらえます。30年以上に及ぶ経験と年間100超プロジェクトの運用実績があり、経験豊富なモデレーターも社内外に多数在籍しています。

<実績>
テレビ・ラジオの視聴者リサーチ、広告リサーチ、生活者リサーチ

株式会社マクロミル

https://www.macromill.com/

<所在地>
東京都港区

<得意分野>
インターネットでのモニタリサーチ

<特徴>
230万人以上の会員が登録しているモニタサイトを通じてリサーチができます。インターネット上でおこなうWebアンケートの他、商品モニター・座談会・会場調査・モニターと企業の担当者が直接コミュニケーションするサービスもあります。リサーチの企画設計・集計・分析サービスも受けることができます。

<実績>
日本国内の年間取引数:2,000社、プロジェクト実施本数:35,000件以上

株式会社クロス・マーケティング

https://www.cross-m.co.jp/

<所在地>
東京都新宿区

<得意分野>
アンケート調査

<特徴>
セグメントされた200万人超のモニターに対してアンケートを配信することができます。複数の提携会社のモニターも調査利用が可能です。インターネット上に架空の商品棚を再現して調査できる「Webシェルフ」では、商品のパッケージに対するアンケートが簡単におこなえます。

<実績>
映画鑑賞に関する調査、家電に関する調査、消費動向に関する定点調査

株式会社バルク

https://www.vlcank.com/

<所在地>
東京都中央区

<得意分野>
ネットリサーチ、インタビュー

<特徴>
バルクの「リサーチコンサルティング」は、単なる調査結果として得られたデータだけではなく、お客様が解釈し、納得でき、調査後のマーケティング施策の展開につながるアウトプットを提供してもらえます。そのために、現状の課題共有やリサーチ目的の明確化、リサーチの企画・設計・考察を丁寧におこないます。

<実績>
プロジェクト実績:2,000件以上、お客様リピート率:85%超

株式会社マーシュ

https://www.marsh-research.co.jp/
<所在地>
東京都渋谷区
<得意分野>
マーケティングリサーチ
<特徴>
定量・定性を問わず幅広い調査に対応してもらえ、複合型の調査もシームレスに実施可能な会社です。ネットリサーチ業界No.1のモニターリクルートの実績があり、調査方法もインターネット・会場調査・ホームユーステスト・グループインタビュー・デプスインタビューなど、多様です。
<実績>
食品メーカー、医療・福祉、日用品メーカーなど、年間4,420件以上

株式会社メディアフラッグ

http://www.mediaflag.co.jp/
<所在地>
東京都渋谷区
<得意分野>
ミステリーショッパー(覆面調査)
<特徴>
お店の売上をアップさせたいといった店舗の悩みや、新商品の認知度・売上を上げたいといったメーカー側の悩みを解決するお手伝いをしてもらえます。ミステリーショッパー(覆面調査)・公開調査・出口調査など、多角的な調査方法で問題解決へと導いてくれます。
<実績>
ロイヤルネットワーク株式会社、養老乃瀧株式会社、エステービジネスサポート株式会社

GMOリサーチ株式会社

https://gmo-research.jp/
<所在地>
東京都渋谷区
<得意分野>
インターネットリサーチ(国内・海外)
<特徴>
国内のオンライン調査では、国内最大級のアンケートモニター1044万人のパネルネットワークと年間15,000万件の調査実績で高度なリサーチができます。海外のオンライン調査は世界52カ国、3480万人へ、日本と同品質でのリサーチが可能です。外国人スタッフが常駐する専門のチームで案件ごとに対応してもらえます。
<実績>
国内リサーチ:年間15,000万件、海外リサーチ:年間600件

株式会社サーベイリサーチセンター

http://www.surece.co.jp/
<所在地>
東京都荒川区
<得意分野>
世論調査・社会調査
<特徴>
世論調査・市場調査・交通調査をはじめ、あらゆる分野の社会調査を全国規模で対応してもらえる会社です。国内には12事務所ありますので、地方での調査や、事業所が連携して全国的な調査をおこなうこともできます。豊富な経験を持つスペシャリストが調査をサポートしてくれます。
<実績>
国民生活選好度調査、情報化社会と青少年に関する意識調査、少子化社会対策に関する子育て女性の意識調査

The following two tabs change content below.
ポップくん

ポップくん

株式会社ポップインサイトの公式キャラクター、ポップくんです。ユーザビリティやユーザテストをはじめとして、Webマーケティング全般にわたり、皆様に役立つ情報を発信してまいります。


【人気】UXリサーチャを貴社チームに!!

「UX改善したいけど人がいない」「CVR改善が伸び悩む」「社内で育てられない」というチームに最適!UXリサーチャとリサーチツールをセットで提供!