ユーザテスト×ヒートマップ=「インサイト・ヒートマップ」で、驚きの課題発見力を実現!


以前、弊社ブログで「ヒートマップ」に関する記事を掲載しました。

「ヒートマップツールで分かること・分からないこと」

ヒートマップツールで「この要素が見られている」ことが分かったとします。しかし「なぜこの要素が見られているか」「その要素を見ることにより、購入に繋がるのか」ということまで知ることはできません。

上の記事にある通り、ユーザテストはヒートマップだけでは知ることのできない「なぜ見られているのか」を解き明かすカギとなります。まずは、ヒートマップだけの画像を見てみます。

heat

さて、このヒートマップ画像を見て、どのようなことが読み取れるでしょうか?最も分かりやすいのは、

画面下部によく見られている部分がある

ということです。セオリー通りヒートマップを利用すれば、この赤い部分をページ上部に持ってくる、という施策が考えられますが、果たしてそれで十分といえるでしょうか?

「なぜ見られているか」「見られた結果どう思われたのか」が見えない

画面下部の赤い部分にアテンション=ユーザの注意が集中していることは間違いありません。しかし、なぜユーザはこの部位を注視しているのでしょうか。在宅ワークの魅力的な情報が掲載されているから?それとも、自分にできるか不安に思っていて、ページ内にはないより具体的な情報を探しているから?

上記のヒートマップ画像からはどちらともいえません。しかし、どちらかによってとるべき策の細部は大きく変わってきます。ユーザを引き付ける内容があるせいで注目が集まっているのであれば、セオリー通り「より目立たせる」が正解に近いでしょう。しかし、「分かりにくい」「疑問が生じている」などネガティブな原因で視線が集まっているとしたら、どうでしょうか?目立たせるより前に「ユーザの悩みを解消できる形に書き換える」方が先決かもしれません。

「注目が集まっている=目立たせればいい」では、打ち手として大雑把すぎるのです。この問題を解決できるのがユーザテストであることは、「ヒートマップツールで分かること・分からないこと」で既に述べられています。本稿ではさらに一歩踏み込み、「ユーザテストをヒートマップと掛け合わせると、どれほど威力のあるアウトプットになるのか」までご紹介します。なお、以下のアウトプットは既に弊社にご注文いただけるものです。

ユーザテスト×ヒートマップで、課題が丸裸になる

ユーザテストとヒートマップを掛け合わせた弊社の「インサイト・ヒートマップ」は以下のようなものです。

HMUT

「インサイト・ヒートマップ」形式にすることで、「ユーザは何を思いながら該当箇所を見ているか」まで踏み込みながら、ヒートマップデータを解釈することが可能になりました。本件では、

⑧トレーニング合格後、どのように仕事を依頼されるのかがわからないのでネガティブ
⑨トレーニングの具体的な内容が分からないため、実際のトレーニングの様子が分かるようなイラスト、イメージを挿入して欲しい
⑩合格率2割という言葉を見て、その合格率の低さに不安を感じネガティブ

この3つの課題が「注意が集中している個所に関するインサイト」といえそうです。これを踏まえれば「サイトの上部に移動する」というシンプルな施策だけでなく、「トレーニング合格後の依頼受注フロー明記」「トレーニングの内容詳解」「合格率が低い背景は必ずしも難しさに起因しないことのアピール」といったより具体的な打ち手を容易に編み出すことができます。

ヒートマップデータがスムーズな課題絞り込みのガイドに

今度は、一旦ヒートマップから離れて、背景を通常の画像にした「発見点マップ」をご覧ください。

UT

課題は全部で13個挙げられています。弊社ユーザテストの結果として、通常の範囲の課題発見数です。この数倍に至るケースもよくあります。

これほど多くの課題を一度に突き付けられては、「どこから手を付けていいのか…」と頭を抱えてしまうのも無理はありません。こうした「対策を打つ課題の選定が大変」という課題は、逆にヒートマップの力を借りることで解決されうるといえるでしょう。

結論:ユーザテスト(定性)とヒートマップ(定量)で鬼に金棒

リモートユーザテストとヒートマップを組合せることで、定量データと定性データをわかりやすく掛けあわせた上で課題を可視化可能です。

ヒートマップツールをすでに導入済みであれば、弊社ユーザテストを実施いただくだけで同様のインサイトマップをご提供可能です。ぜひお気軽にご相談くださいませ!

 

「準備1分」のユーザテストExpressで、まずはあなたも調査を体験してみて下さい

ポップインサイトには、「準備1分、翌日納品」の全自動ユーザテストサービス「ユーザテストExpress」があります。
調査を体験してみたい方は、まずはこちらからお気軽にどうぞ!
※今なら毎月先着500名様まで1名調査が完全無料です!


The following two tabs change content below.
木原将太

木原将太

株式会社ポップインサイト リサーチマネージャー。京都大学大学院中退後、外国政府機関、上海勤務等を経て現職。同社サービス初期からテスト運用を担当。


グロースハック・アイデアが満載!ユーザインサイト事例60選

3,500件以上のユーザテスト実績から、様々な業界におけるユーザインサイトや、良いサイト・悪いサイトの事例をご紹介!あなたのサイトを改善するヒントが詰まっています。
ダウンロード(無料)

【動画教材付き】今日からできる!ユーザテスト入門

500回以上のユーザテスト経験を踏まえて、現場で実際にできる「簡易ユーザテスト」について、準備の方法、当日の進行のコツ、レポート作成のパターンなどを余すところなくご紹介!実際のテスト様子の動画教材もあるので、習得しやすい!
ダウンロード(無料)