ブログ

カテゴリー: UXリサーチの記事

【導入事例】高速にリサーチのサイクルを回せたことで、プロダクトの改善スピードを上げることができた

インタビュー
freee株式会社
プロダクト戦略本部プロダクト戦略部
プロダクトマネージャー
孝橋麻衣様

事例PDFのダウンロード
業種・事業
インターネットサービス・通信/ BtoB

クラウドの会計ソフトや人事労務ソフト「freee(フリー)」などの運営
支援テーマ
プロダクトの改善スピードの強化
背景・課題 ・状況に応じて柔軟でクイックなリサーチを行いたい
・プロダクトの改善スピードを上げたい
支援内容 ・UXリサーチャーをチームに配置し、プロダクト改善のリサーチを実施した
成果 ・案件ベースではなく時間ベースの料金体系なので、状況に応じて柔軟でクイックなリサーチ体制ができた
・高速にリサーチのサイクルを回せたことで、プロダクトの改善スピードを上げることができた

ケイパビリティ向上の一つの施策として外部の協力会社との連携に挑戦

---まず、ご担当者さまの部署のミッションと役割を教えてください。

freee株式会社は、クラウドの会計ソフトや人事労務ソフト「freee(フリー)」などの運営をしております。特徴としては、主に個人事業主や中小企業様をターゲットとし、バックオフィスを中心とした多岐にわたる業務のクラウド化を実現、初心者の方でも安心してご利用いただけるように設計している点です。

投稿日:
投稿者: wada

【2021年版】銀行業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)

本記事はAIMultiple社より許可を得て翻訳したものです。

元記事:”Digital transformation for banking in 2021: In-depth guide”, January 1, 2021


医療業界などと異なり、金融業界では構造化された定量データを扱うことが多いため、プロセスのデジタル化や自動化がしやすいといわれています。

しかし、これは諸刃の剣といえます。金融機関は、他の業界に比べてより効果的なデジタルトランスフォーメーションの取り組みを行うことができる一方で、外部者が金融機関に参入することも容易なのです。

数多くのテックジャイアントやフィンテック企業がビジネス進出しようとしていることを考えると、銀行はデジタルトランスフォーメーションの取り組みをより強化し、機械学習、自動化、ブロックチェーンなどの技術を迅速に採用する必要があります。

投稿日:
投稿者: okimoto

【2021年版】小売業のデジタルトランスフォーメーション(DX):トレンドとベストプラクティス

本記事はAIMultiple社より許可を得て翻訳したものです。

元記事:”Retail Digital Transformation: Best practices & Top Trends [2021]”, January 1, 2021

小売業界における競争は激化しており、小売業の相次ぐ倒産を引き起こした主な要因は、顧客がデジタルショッピングにシフトしたことと考えられています。

デジタルトランスフォーメーション(DX)は、もはや小売業企業にとってオプションではなく、生き残るための必須条件となっています。

投稿日:
投稿者: okimoto

【2021年版】ヘルスケア業界のデジタルトランスフォーメーション(DX):顧客中心のヘルスケアサービスとは?

本記事はAIMultiple社より許可を得て翻訳したものです。

元記事:”Digitizing healthcare in 2021: Customer-centric health services”, January 1, 2021


カスタマーエクスペリエンスへの関心の高まりにより、患者は、自分が必要なときにパーソナライズされたヘルスケアサービスを受けることを期待しています。

現在、世界全人口のほぼ半分である35億人がスマートフォンを利用しており、モバイル・ヘルスケアはデジタル・トランスフォーメーション・プロジェクトの最優先事項となっています。

投稿日:
投稿者: okimoto

デジタルトランスフォーメーション(DX)とはなにか?海外ケーススタディとベストプラクティス

本記事はAIMultiple社より許可を得て翻訳したものです。

元記事:”Digital Transformation: What it is, case studies & best practices”, April 18, 2021

VUCA(予測不可能)の時代と呼ばれ、ビジネス環境の急激な変化への対応が求められる昨今、その解決策の一つとしてデジタルトランスフォーメーション(DX)がよく取り上げられるようになりました。


DX施策として、データやデジタル技術の活用を推進しようとする取組はよく聞きますが、そこに顧客の存在しない、形だけのDXが多く見受けられるように感じます。


しかし、置き去りにされている顧客の体験価値こそがグロースの基軸であり、変革の出発点です。顧客のニーズに基づいた適切なDXを推進・支援するために、DXの事例や考え方を紹介するとともに、顧客理解の重要性を今一度一緒に考えていきたいとの思いから、今回、海外DX情報の翻訳記事を発信することにしました。

ぜひご一読ください。

投稿日:
投稿者: okimoto

UI改善の基礎~ユーザーに優先順位をつけて伝える~

 

たくさんの情報が載っているのに「欲しい情報が探しにくい」「どこをクリックすればいいのかわかりづらい」。

そんなウェブサイトを一度は見たことがあるでしょう。実は自社サイトがまさにその状態…とお悩みのご担当者も少なくないはず。

人間の脳の処理能力には限界があります。

新しい情報に触れた時、人間の脳にはストレス(認知負荷)がかかります。ですから、画面上の情報量をやみくもに増やすことは相手の脳の処理能力を余分に使わせるだけなのです。

この記事では、UIデザインの改善で人間の脳のストレス(認知負荷)を軽減し、「わかりやすい」「使いやすい」画面を設計する方法を解説します。

投稿日:
投稿者: makino

プロトタイプはつくりこまず「安くはやく」!~アイデアへの愛着を捨てると「価値」が見える~

プロダクトのアイデアを形にしてみる「プロトタイピング」。サービスやプロダクトの検証に重要だとはわかるものの、どんなプロトタイプをどこまでの精度で作ればいいのかわからない、という声もよく耳にします。

そこで今回は、アイデアやコンセプト設計段階でのプロトタイピングがご専門の三冨 敬太さん(Tsukuru to Ugoku Design 株式会社 代表取締役、veernca合同会社 代表社員)をお招き。Yahoo!JAPANやKDDIでUX責任者などを歴任し、様々なアイデアを世に送り出してきたポップインサイトCX/UXストラテジストの岡 昌樹との公開対談を開催しました。

対談では、お二人の豊富なご経験を紹介していただきながら、どのタイミングでどんなプロトタイプを作り何を検証するのかについて議論を深め、サービスやプロダクト開発、リニューアルにたずさわる担当者の皆さんが明日からの業務に生かせるヒント満載の内容となりました(対談日:2021年3月11日)。

投稿日:
投稿者: makino

Booking.com流! 民泊評価システム開発のロードマップとUX戦略とは

サービスやプロダクト開発において「ユーザーを理解しユーザーに寄り添うこと」が最優先事項という認識は、近年、浸透しつつあります。

一方で、チームや部署にUX(ユーザーエクスペリエンス)というマインドセットをどのように導入し、開発のロードマップで役立てていけばよいか、という悩みにぶつかる方は少なくありません。

2021年3月11日のオンラインセミナーでは、世界最大の宿泊予約サイトBooking.comでシニアUXリサーチャー兼チームリーダーをされているロベルタ・ビルジさんがご登壇。本稿ではそのダイジェストをご紹介します。

セミナーでは、民泊の評価システム開発の事例を交えながら、UXという考え方をどのようにチームに浸透させ新サービスを共創していったのか、また、開発のロードマップでどのようにユーザーニーズを把握し問題解決に導いたのかをご説明いただきました。

ぜひご一読ください。

投稿日:
投稿者: okimoto

UXリサーチを組み込んだ開発サイクルの確立~「フォートナイト」成功の秘密②~

本記事は著者より許可を得て翻訳したものです。
元記事:”Understanding the success of Fortnite: A UX and psychology perspective, part 2” Jun 30, 2020
著者:Celia Hodent

世界で2億5,000万人以上のファンを持つ大人気バトルロイヤルゲーム「フォートナイト」。爆発的な人気を獲得した理由のひとつは、その「優れたUX設計」です。本稿では、フォートナイトのUXディレクターを務めたセリア・ホデントさんの記事をご紹介します。

人間の「知覚」「注意力」「記憶」の限界をカバーする「ゲームUX」を解説したパート1に続き、本稿では、UXを重視したゲームデザインについて深く掘り下げて説明します。

投稿日:
投稿者: okimoto

UX思考と認知科学の3つのポイント ~「フォートナイト」成功の秘密①~

本記事は著者より許可を得て翻訳したものです。
元記事:”Understanding the success of Fortnite: A UX and psychology perspective, part 1” Jun 21, 2020
著者:Celia Hodent

世界で2億5,000万人以上のファンを持つ大人気バトルロイヤルゲーム「フォートナイト」。爆発的な人気を獲得した理由のひとつは、その「優れたUX設計」です。

本稿では、フォートナイトのUXディレクターを務めたCelia Hodent(セリア・ホデント)さんの記事をご紹介。フォートナイト開発のプロセスで人間の「知覚」「注意(力)」「記憶」の限界に挑み、どのように「よいゲーム体験」を作りあげたかを解説します。

投稿日:
投稿者: okimoto
ページ上部にもどる